位置情報サービス

位置情報サービスを使用して、 GPS やネットワークプロバイダを使用して定期的な位置情報の更新を取得できます。

位置情報の更新を必要とする機能

  • 衝突までの時間( TTC )アラートの距離と速度の計算
  • Observation ライブラリを使用したデータ収集

メモ

ユーザーのプライバシーを保護するには、位置情報サービスを使用するアプリケーションが位置情報のアクセス許可を要求する必要があります。 Live Sense SDK は、ACCESS_COARSE_LOCATIONチェックインまたはACCESS_FINE_LOCATIONチェックインをAndroidManifest行ってこの権限を確認します。

設定モード

位置情報の更新の精度は locationManagerObject.setLocationQuality() 、メソッドで設定できます。

// LSDLocationManager.java
public void setLocationQuality(LSDLocationQuality locationQuality);

位置情報の更新を要求するモードは 2 つあります。 LSDLocationQuality これらのモードは、 列挙型 (enum) クラスで提供されます。

  • LOW_POWER_NETWORK - ネットワークプロバイダとパッシブプロバイダを使用して、デバイスの場所を特定します。 このモードはデフォルトで選択されています。
  • HIGH_ACCURACY_GPS - GPS およびネットワークプロバイダを使用して、デバイスの位置を特定します。 GPS を使用することで、消費電力が増加し、精度が向上します。

使用量

locationQualityHIGH_ACCURACY_GPSに設定 するには、次の手順を実行します。

LSDLocationManager locationManager = LSDLocationManager.getInstance();
locationManager.setLocationQuality(LSDLocationQuality.HIGH_ACCURACY_GPS);

位置情報と速度の更新を要求しています

位置情報の変更についてコールバックを有効または無効にするには、位置情報のリスナをそれぞれ登録または登録解除する必要があります。

使用量

// location listener object
private final LSDLocationListener lsdLocationListener = new LSDLocationListener() {
        @Override
        public void onLocationChange(Location location) {
          // Use location object to get coordinates, altitude etc.
        }

        @Override
        public void onSpeedChange(float currentSpeed) {
          // Utilize currentSpeed value in ttc calculation etc.
        }
    };

// location manager object
LSDLocationManager locationManager = LSDLocationManager.getInstance();

// Register listener
locationManager.addLocationListener(lsdLocationListener);

// Deregister listener
locationManager.removeLocationListener(lsdLocationListener);

// Deregister all listeners
locationManager.removeAllLocationListeners();

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません