Live Sense SDK を使用する理由

Live Sense は、エッジデバイスでのみ実行される事前トレーニング済みのモデルのコレクションで構成される SDK です。 これらのモデルを使用すると、カメラベースのデバイスで、道路の内外で発見された潜在的な危険を検出、分類、およびユーザーに警告できます。たとえば、次のようなものがあります。

  • その他の車両(乗用車、トラック、バス)
  • 歩行者
  • 自転車
  • 車両のブレーキ
  • 路面の穴
  • 作業エリア
  • 信号灯 ( ベータ版 )
  • 制限速度
  • 車線検知(ベータ版)
  • リアルタイムガイダンス ( ベータ版 )

Live Sense では、次の操作を行うことができます。

  • リアルタイムの差し迫った危険や潜在的な運転の危険を検知する機能によって、アプリケーションやデバイスを強化し、商用車や乗用車のドライバーにリアルタイムの安全警告や状況に応じた洞察を提供して、動的な環境についての情報を提供します。
  • ディスプレイ画面のない車両を含め、すべてのドライバーおよび車両タイプに柔軟性を提供します。

主な機能 / メリット

  • Live Sense モデルは、クラウドではなくエッジデバイスで動作します。 そのため、デバイスはリアルタイムでドライバーを検出して通知できます ( ネットワーク接続やデータプランは不要 ) 。
  • Live Sense が環境の変更を検出します。 この機能を使用すると、ドライバーにリアルタイムで情報を提供できます。
  • 車両がブレーキをかけたときに、ブレーキランプを特定する警告検出。
  • 接続されたユーザーの警告をサポートします この機能を使用すると、 Live Sense ユーザーは、ユーザーの入力を行わずに、ネットワーク経由でハザード、インシデント、および変更の検出を自動的に共有できます ( 近日公開予定 ) 。
  • Live Sense を他の HERE 製品と組み合わせる機能。 この機能は、鋭いカーブや動物の交差に対する高度な危険ガイダンスなど、顧客のソリューションを強化します。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません