原型

HERE platform では、バッチ パイプラインプロジェクトの作成、パイプラインプロジェクトのストリーミング、およびスキーマプロジェクトを容易にする Maven Archetypes が提供されています。 一般的な原型の詳細 については、 Maven の原型ガイドを参照してください。

HERE platform では、提供されている原型を使用してプラットフォーム機能にアクセスする必要はありません。 プラットフォームの原型から生成されたプロジェクトには、プロジェクトをカスタマイズする必要がある場所を示す 'TODO' コメントが含まれています。

プラットフォームでは、次の原型を提供しています。

  • バッチ パイプライン原型 - サポートされているデータ プロセッシング ライブラリ機能パターンのいずれかを使用するインクリメンタルコンパイルを含むバッチパイプラインのプロジェクトをサポートします。
  • スキーマの原型 - データカタログ用の独自のスキーマの作成をサポートします。これは、プラットフォームでデータを共有する場合に特に役立ちます。
  • Streaming パイプライン Archetypes - Flink のストリーミングパイプラインをサポートします。

プラットフォームの機能およびコンポーネントの詳細について は、『 HERE Workspace for Java and Scala Developers 』を参照してください。

どのプロジェクトに原型があるかの詳細について は、「 SDK ワークフロー」を参照してください。

このドキュメントに適用される利用規約については、「HERE Documentation License」を参照してください。

HERE は、お客様のプライバシーを尊重し、該当するデータ保護およびプライバシーに関する法律を遵守することをお約束します。 詳細について は、「 HERE のプライバシーポリシー」を参照してください。

HERE Data のセキュリティと耐久性に関するベストプラクティスの詳細については、『Data API』を参照してください。

前提条件

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません