バッチ Geocoder API 開発者ガイド

はじめに

HEREBatchGeocoder API は、ジオコードの大規模なデータセットをジオコードおよびリバースできるようにする REST API です。 バッチ処理は大規模なバッチジョブに最適化されており、住所が 10 未満のジョブなど、小規模なジョブの実行にはペナルティがあります。

Batch Geocoder API では、次の使用例がサポートされています。

  • 住所の単一のファイルを送信して対応するジオディナートをリクエストするなど、 1 つのリクエストでジオコードの大規模なデータセットを処理できます。 住所には、完全な住所情報または住所情報の一部が含まれた構造化入力または自由形式の検索文字列を使用できます。 リクエストの処理は非同期です。 送信した住所の詳細度が高いほど、一致精度が高くなります。
  • 1 つのリクエストでジオコードの大規模なデータセットを逆にします。たとえば、ジオコード化とジオコード化の組み合わせを含む単一のファイルを送信して、対応する住所を要求します。 リクエストの処理は非同期です。

バッチジョブの最小アドレス数、送信されたバッチジョブの頻度、数に技術的な制約はありませんが、 HERE では、より多くのアドレスのセットをより少ないバッチジョブに蓄積して、より迅速な応答を受け取ることをお勧めします。

注 : 一般的に、バッチジョブには 100 を超えるアドレスが設定されているか、または前のジョブが送信されてから少なくとも 10 分後に送信されている必要があります。 いかなる場合も、バッチジョブを 1 分に 1 回以上送信しないでください。

以下の情報を参照してください。

  • バッチ Geocoder API をすばやく設定して使用を開始する方法について は、『はじめに - HERE platform 』を参照してください。
  • このドキュメントをカバーする利用規約について は、『 HERE Documentation License 』を参照してください。
  • HERE は、お客様のプライバシーを尊重し、該当するデータ保護およびプライバシーに関する法律を遵守することをお約束します。 詳細について は、「 HERE のプライバシーポリシー」を参照してください。