CI/CD および HERE platform

このテクニカルソリューションペーパーでは、 CI/CD を HERE platform に統合する方法の実例を示します。

HERE platform (プラットフォーム )を継続的インテグレーション( CI )システムに統合すると、統合エラーを可能な限り迅速に検出し、品質を改善し、ソフトウェアのリードタイムを短縮できます。

また、プラットフォーム を継続的デリバリー (CD) システムと統合して、コードの変更に基づいて本番リリースのアーティファクトを自動的にビルド、テスト、およびパッケージ化することもできます。

前提条件

これらの CI/CD 命令を実装するには、次のものが必要です。

  • CI/CD の概念に精通していること
  • プラットフォーム アカウント
  • 資格情報 。プラットフォーム でグループを作成し、アカウント管理に精通することができます
  • パイプラインの開発で使用される SDK および基本的な概念について理解していること
  • OLP CLI に精通していること

CI/CD パイプラインの概要

CI と CD は、コードが入力されたパイプラインと見なすことができます。 この入力内容は、通常、自動化されたビルドとテスト、およびテスト環境 ( ステージングとも呼ばれます ) の検証を含む一連の手順でテストされます。 テストが正常に完了すると、コードはプロダクションの準備ができた状態で公開されます。

以下の図は、この原理を示しています。

一般的な CI/CD パイプライン
図 1. 一般的な CI/CD パイプライン

上記の手順は推奨事項であり、さまざまなニーズに合わせて変更および拡張できます。 たとえば、さまざまな種類の検証のために一部の手順を繰り返すことも、異なるレベルで複数回繰り返すことも、複数のテスト環境を使用して長時間実行するテストを並列化することもできます。 これらの異なるすべてのテスト構造は、常に同じコード / アーティファクトをテストする必要があり、最初のビルドから検証の終了まで変更できないものにする必要があります。 CI/CD の実装の構築自体は、段階的に成熟する継続的な改善プロセスです。

基本的な定義

  • 単体テスト では、ソフトウェアの最小のテスト可能な単位である自己完結型であることを確認します。
  • コンポーネントの統合テスト では、ソフトウェアの大規模なコンポーネント間の統合を確認します。 このドキュメントでは、リモートサービスにアクセスしないことを前提としています。
  • システム統合テスト では、 HERE platform などのリモートサービスとの統合を含む、システムレベルで提供されたソフトウェアを確認します。
  • 製品受け入れテスト では、準備されたテストデータを使用し、テスト済みのアプリケーションからの完全な出力を作成して確認します。 これらはプラットフォーム パイプラインで実行されます。
  • 展開 とは、プラットフォーム でパイプライン としてアプリケーションを展開および実行するために必要なデータおよびアクションの完全なセットです。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません