はじめに

データ クライアント ライブラリには、プロジェクトで使用して HERE platform にアクセスできる Scala/Java ライブラリが用意されています。 データ クライアント ライブラリは、 Reactive Streams 標準の Akka Streams 実装に依存しています。この標準は、エンドツーエンドのストリーミングデータ処理ライブラリを構築するための抽象化を提供します。

データ クライアント ライブラリには、次の主要なモジュールが含まれています。

  • data-engine -- データとやり取りするためのより高いレベルの抽象化を提供します。
  • spark-support -- Spark と HERE platform データを接続するユーティリティを提供します。
  • flink-support -- Flink ジョブ内でデータ クライアント ライブラリを実行するユーティリティを提供します。

アプリケーションに最適な抽象化レベルを選択します。 通常、低レベルの API は高レベルの API よりも柔軟性が高くなりますが、より多くのアプリケーションコードを記述する必要がある場合があります。

データ クライアント ライブラリ を使用するには、 HERE platform に関連する一部の概念について基本的な知識が必要です。 これらの概念については 、『 Data API 開発者ガイド』を参照してください。

データ クライアント ライブラリを使用するには、以下のライブラリについて基本的な知識が必要です。

Scala 開発者の場合 :

Java 開発者の場合 :

このドキュメントに適用される利用規約については、「HERE Documentation License」を参照してください。

HERE は、お客様のプライバシーを尊重し、該当するデータ保護およびプライバシーに関する法律を遵守することをお約束します。 詳細について は、「 HERE のプライバシーポリシー」を参照してください。

HERE Data のセキュリティと耐久性に関するベストプラクティスの詳細については、『Data API』を参照してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません