概要

データ ハブは、プライベートまたはパブリックのマッピングデータの検索、保存、取得、操作、公開を行うための、リアルタイムのクラウドベースのロケーションハブです。

データ の保存には、スペースの概念が使用されます。 スペースとは、データの保存に必要なときにすばやく作成できる独自の地理空間データリポジトリです。

アプリケーションから直接 HERE Data Hub API を操作するには、ここで公開されている REST API を使用する必要があります。 これらは任意のアプリケーション環境から簡単に使用できます。 RESTful リクエストの作成方法についてのみ把握しておく必要があります。

認証

API を使用して行うすべての作業について 、 [Generate トークン(サービスの生成) ] セクションで説明されているように、トークンを使用する必要があります。

API
図 1. API

データ

スペースがある場合は、必要な GeoJSON データをスペースに簡単に保存し、必要に応じて取得できます。 地図でデータを使用する場合に、データを効果的に保存する方法を心配する必要はありません。また、地理空間の詳細情報を理解する必要もありません。 コンテンツは安全な場所 ( スペース ) に配置されているため、地図上で効率的に使用できます。

スペースは世界中で定義されており、任意のタイプの GeoJSON 機能を含めることができます。 各機能内で properties 、ペイロード情報とは異なるものを使用できます。

すべてのフィーチャーは id 、スペース内で一意のによって識別されます。 この識別子を使用して、フィーチャーを直接読み取りまたは更新できます。 自分で入力しないと、 API によって自動的に生成されます。

タグ

データを効率的に操作するには、データを分割することをお勧めします。 スペースを使用 tagsすると、を使用してこれを行うことができます。 タグとは、データのサブセットで使用できるテキストです。 タグは、ユーザーまたは作業中のスペースの所有者のオプションです。

データの使用方法やスタイル設定に応じて、異なるタグを使用できます。 たとえば、特定のストアが提供するアメニティを使用して、レイヤー内のストアの場所にタグを付けることができます (coffee, food, late_night) 。 また new 、新しくオープンしたストアをハイライトしてマップ上で呼び出す場合は、タグとしてを使用できます。

, For ORおよび+ for ANDを使用して、リクエスト内のタグを結合できます。

反復処理しています

作業スペースのもう 1 つのコア概念は、コンテンツを反復処理して、関心のあるものをすべて収集することです。

大量 のデータを使用してにアクセスする場合は、一部のデータを取得します。 limit パラメータを使用すると、 API に一度に表示するデータ量を指定できます。 は handle 、 API がデータと一緒に提供するもので、次のデータのチャンクを取得し続ける場合に提供する必要があります。

ReDoc API のドキュメント

https://xyz.api.here.com/hub/static/redoc/

API のドキュメントを開きます

https://xyz.api.here.com/hub/static/swagger/

データのプライバシー

HERE は、お客様のプライバシーを尊重し、該当するデータ保護およびプライバシーに関する法律を遵守することをお約束します。 詳細について は、「 HERE のプライバシーポリシー」を参照してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません