カスタムルート

オーバーレイを使用して変更されたマップを提供すると、 Fleet Telematics の API によって変更内容がルーティング可能なバイナリマップ形式にコンパイルされます。 ルーティングでは、これらのレイヤーが HERE マップレイヤーの上で使用されます。

メモ

オーバーレイマップは顧客のプライベート地図間で同じ形式で保存されますが、「 overlays/upload.json 」リソースを使用して作成、変更、および削除することを強くお勧めします。

地図とレイヤーをオーバーレイします

顧客は、複数のオーバーレイマップを作成、使用、および更新できます。 たとえば、 1 つのオーバーレイマップに廃棄物回収車両の変更を、もう 1 つのマップに超過サイズの輸送の変更を加えたものがあります。

ルーティング要求では、これらのオーバーレイマップのいずれかを指定でき、マップの属性およびトポロジを上書きします。

オーバーレイマップには、個々の道路リンクに対する複数の追加および上書きが含まれています。

追加されたものは新しい道路リンクです。 オーバーライドは、ロードリンク属性の変更(速度、許可されている車両タイプ、走行方向など)、またはロードリンクに対する追加のアクセス / ターン制限(トラックの重量制限やトラックの長さに応じたターン制限など)のいずれかです。

オーバーレイマップは、 Fleet Telematics の API ルーティングレイヤに対応する主題図レイヤで編成されます。 ルーティングは主に、 Fleet Telematics の API レイヤー LINK_FCNROAD_GEOM_FCNLINK_ATTRIBUTE_FCNTURN_RESTR_FCN および TRUCK_RESTR_FCN に依存します。

ドイツ、フランクフルトのアルテ・ブリューケに近く、西に新しい橋を架けます。

http://fleet.ls.hereapi.com/2/overlays/upload.json?map_name=OVERLAYEXAMPLE1
&overlay_spec=[
  { "op":"override",
    "shape":[[50.10765,8.68774],[50.10914,8.68771]],
    "layer":"LINK_ATTRIBUTE_FCN",
    "data":{"VEHICLE_TYPES":"0"}
  },
  { "op":"create",
    "shape":[[50.10937,8.68422],[50.10807,8.68525],[50.10737,8.68387]],
    "data":{"NAMES":"ENGBNDemo Road"}
  },
]
&storage=readonly
&app_id=YOUR_APP_ID&app_code=YOUR_APP_CODE

注 : HTTP クライアントがカッコを URL エスケープしない場合は、送信前にカッコをエスケープする必要があります。

高さと重量の制約がある新しいブリッジを作成します。

[{"op":"create","shape":[[50.10937,8.68422],[50.10807,8.68525],[50.10737,8.68387]],"data":{"NAMES":"ENGBNTestRoad"},
  "restrictions":[{"CONDITION_TYPE":"23","VEHICLE_TYPES":"truck,car","WEIGHT_RESTRICTION":"3500"},{"CONDITION_TYPE":"23","VEHICLE_TYPES":"truck,car","HEIGHT_RESTRICTION":"200"}]}]

オーバーレイの説明の形式

オーバーレイマップは、 JSON 形式のファイルで記述されます。 オーバーレイファイルを送信すると、それらのファイルが Fleet Telematics の API レイヤーにコンパイルされ、マップの変更が含まれているレイヤーとともに別のマップとして保存されます。

オーバーレイ記述ファイルの内容

オーバーレイ記述ファイルは、 JSON オブジェクトを含む JSON 配列で構成されています。 各 JSON オブジェクトは、 1 つのマップ変更操作を記述します。

op フィールドは、操作のタイプを指定する必須フィールドです。

  • op : create –新しい道路リンクを作成します
  • op : override –既存のリンク属性 ( 許可されている車両タイプなど ) の属性値を変更するか、リンクに制限 ( 条件 ) を追加します ( トラックの重量制限など ) 。
  • op : restrict –リンクアクセスまたは方向転換の制限を追加するか ( トラック固有の幅制限を含む ) 、リンクの既存の制限を上書きします。
  • op : areaoverride - この多角形領域内の既存のすべてのリンクの属性値を変更します

操作の他のフィールドは、以下で指定します。

メモ

追加のトラックの制限により、アクセスが制限されるだけですが、既存の制限を解除してリラックスしたり、削除したりすることもできます。 トラックの重量などの制限を削除するには、既存の制限を 100 トンに上書きします。

オーバーレイオブジェクトを作成

2 つの既存のリンク間に新しいリンクを作成できます。 現在、リンク形状および対応する属性を指定できます。 他のすべてのリンク属性は、既存の隣接リンクからコピーされます。 既存のリンクは、常に新しいリンクが挿入された位置でカットされます。

新しいリンクは、両端で既存の(または他の新しい)リンクに接続するか、一方の端で未接続のままにしておく(デッドエンド)ことができます。

  • shape –各図形ポイントが緯度と経度の 2 つの要素の配列である WGS-84 度の図形ポイントの配列。 現在、最初と最後のポイントは、それぞれ 5 メートル以内の許容範囲内で既存のリンクに適合する必要があります。 これらのポイントの両方が同じリンク上にあるとは限りません。

  • layer –リンクまたは新しい制限を挿入する Fleet Telematics の API レイヤー。現在 LINK_ATTRIBUTE_FCN サポートされているのはそのレイヤーのみです。

  • data –現在 VEHICLE_TYPE TRAVEL_DIRECTION のみサポートされている属性と値のペアのマップ。 レイヤー、インデックス、および属性の詳細については、 Fleet Telematics の API のドキュメントを参照してください。

  • restrictions - トラックまたは回転制限のリスト各制限には、 condition_type があります ( ターン制限では 7 、トラックアクセス制限では 23 、トラックのターン制限では 26 ) 。 サポートされている属性には、 vehicle_types 、 weight_restriction 、 height_restriction などがあります

TRAVEL_DIRECTION B/F/T (双方向、参照ノードからのドライブ、参照ノードへのドライブ)または前後の両方を使用して定義できます(双方向、シェイプポイントのシーケンス順でのドライブ、シーケンス順でのドライブ)。

上書きオブジェクトをオーバーレイします

既存のリンクの属性、または既存のリンクのシーケンスの属性を変更できます。 現在、次の属性がサポートされています。

  • shape –各図形ポイントが緯度および経度の 2 つの要素の配列である WGS-84 度の図形ポイントの配列。 形状は、既存のリンクの形状とほぼ一致する必要があります。形状点は省略できます。 ジオメトリがマップ内の複数の接続されたリンクのパスを示している場合、これらのすべてのリンクの属性が変更されます。
  • layer –リンク属性を変更する必要がある Fleet Telematics の API レイヤー。 現在 LINK_ATTRIBUTE_FCN 、および TRUCK_RESTR_FCN レイヤーがサポートされています。
  • data –属性と値のペアのマップ。 現在、レイヤー LINK_ATTRIBUTE_FCN の場合のみ、 VEHICLE_TYPE および TRAVEL_DIRECTION がサポートされています。 レイヤー TRUCK_RESTR_FCN の場合、属性 VEHICLE_TYPESWEIGHT_RESTRICTIONHEIGHT_RESTRICTIONLENGTH_RESTRICTIONWIDTH_RESTRICTIONMAX_WEIGHT_PER_AXLENUMBER_OF_AXLESKPRA_LENGTHHAZARDOUS_MATERIAL_TYPEHAZMAT_PERMIT_REQUIRED サポートされています。 レイヤー、インデックス、および属性の詳細については、 Fleet Telematics の API のドキュメントを参照してください。

オーバーレイの制限オブジェクト

既存のリンクでアクセス権の追加や変更、制限の有効化を行うことができます。 現在、次の属性がサポートされています。

  • shape –各図形ポイントが緯度および経度の 2 つの要素の配列である WGS-84 度の図形ポイントの配列。 形状は、既存のリンクの形状とほぼ一致する必要があります。形状点は省略できます。 ジオメトリがマップ内の複数の接続されたリンクのパスを示している場合、制限はこれらのすべてのリンクのパスとして拡張されます。
  • 'data' –属性と値のペアのマップ。 現在、属性 VEHICLE_TYPETRAVEL_DIRECTIONWEIGHT_RESTRICTIONHEIGHT_RESTRICTIONLENGTH_RESTRICTIONWIDTH_RESTRICTIONMAX_WEIGHT_PER_AXLENUMBER_OF_AXLESKPRA_LENGTHHAZARDOUS_MATERIAL_TYPE および HAZMAT_PERMIT_REQUIRED がサポートされています。 レイヤー、インデックス、および属性の詳細については、 Fleet Telematics の API のドキュメントを参照してください。
  • type –「アクセス」、「回転制限」、または「輸送 RDM 」のいずれかになります(トラックの重量、高さ、長さなど、運転操作には制限があります)。
  • bidirectional –アクセス制限のためのオプションのパラメータ。 'true' を指定すると、制限が両方向に適用されます。 デフォルトは 'false' で、シェイプ点の順序で定義された方向に制限が適用されます。

メモ

関連するレイヤー(TURN_RESTR_FC* または TRUCK_RESTR_FC*)が自動的に決定されます。

例 : 2 m の高さの制限値を 833297602 リンクで 0 ~ 7 時に設定します ( ドイツ、シュワンハイム、ラインランダ通り、環状交差点の南 ) 。

[{"op":"restrict","shape":[[50.08562,8.58945],[50.08447,8.58847]],"type":"access","bidirectional":"true","data":{"HEIGHT_RESTRICTION":"200","DATE_TIMES":"1:N:N:XXXXXXX ::0000:0700"}}]

カスタムの回転制限を設定することもできます。 from-link 、 to-link 、該当する車両タイプおよび日時を定義します。

[{"op":"restrict","shape":[[53.54742,9.99704],[53.54746,9.99765],[53.54999,9.99999]], "type":"7", "data":{"TIME_OVERRIDE":"0","VEHICLE_TYPES":"1","RDM_TYPE":"1"}}]

多重化された道路と 1 つの方法を修正しています

オーバーレイジオメトリは、任意で、複数のデジタル化された道路の両方向にマッチングできます。 overlay.json ファイル全体についてオンにするには、リクエストパラメータ "multidicated_handling" を使用します。 個々の道路セクションでオンにするには、操作パラメータ「 multidigitzedHandling 」を使用します。

1 つの方法で形状ポイントを修正またはブロックするには、許可された進行方向に進む必要があります。これは、マップマッチングでは、不正なアクセス / 操作で再経路化された道路上の絵文字が一致するのを避けるためです。 これが不可能な場合、または不明な場合は、パラメータ「 bidirectional 」を使用して、進行方向に関係なく道路にマッチングします。

指定したポリゴン内にあるすべての既存のリンクの属性を変更できます。 現在、次の属性がサポートされています。

  • shape –各図形ポイントが緯度および経度の 2 つの要素の配列である WGS-84 度の図形ポイントの配列。 ジオメトリは時計回りの多角形を作成する必要があります ( 穴なし、自己交差なし、ゼロサイズの縮退したパーツなし ) 。
  • layer –リンク属性を変更する必要がある Fleet Telematics の API レイヤー。 現在 LINK_ATTRIBUTE_FCN サポートされているのはレイヤーのみです。
  • data – Overlay Override Object の場合と同様です

例 1 : このエリアのすべての道路を閉めます。

{"op":"areaoverride", "shape":[[50.09211,8.6143],[50.09234,8.61902],[50.08994,8.61958],[50.09002,8.61447]], "layer":"LINK_ATTRIBUTE_FC3", "data":{"VEHICLE_TYPES":"0"}}

例 2 : このエリアの歩行者以外のすべての道路を高速化します。

{"op":"areaoverride", "shape":[[50.09211,8.6143],[50.09234,8.61902],[50.08994,8.61958],[50.09002,8.61447]], "layer":"LINK_ATTRIBUTE_FCN", "data":{"VEHICLE_TYPES":"1007", "SPEED_CATEGORY":"2"}}

1 つのオーバーレイ操作には、最大 500 のリンクを含めることができます。 大きい操作は、形状的に、または機能クラスによって分割できます。

施設内の既存の道路を処理します

多くの場合、私道は HERE 道路ネットワークにすでに存在しています ( その一部 ) 。 デフォルトでは、カスタムジオメトリがそれらに接続されます。 ただし、カスタムジオメトリが現在の道路ネットワークよりも詳細になり、優先される場合 &private_link_handling=DROPEXISTING は、パラメータを使用して、新しいカスタムジオメトリの近くにある既存のプライベートロードリンクをすべてブロックします ( 接続はしません ) 。 別の選択肢として、既存の私設道路を保持し、それらには接続しないことがあります。

カスタムルーティングでは、道路リンクに対するユーザー固有のペナルティまたはボーナスを考慮できます。 特定の道路が扱いにくい場合や、特定の種類の運行管理車両に適している場合は、カスタムロードオーバーレイを使用して、これらの道路を使用した場合の個人的な罰則やボーナスを定義できます。

[{"op":"restrict","shape":[[53.54742,9.99704],[53.54746,9.99765]], "type":"preferred", "data":{"VEHICLE_TYPES":"145","PREFERRED_ROUTE_TYPE":"201","ENTRY_PENALTY":-1,"DRIVE_PENALTY":-0.1}}]

負のペナルティ値を指定すると、ルーティングによって特定のリンクが優先されます ペナルティまたはボーナスの値が多すぎると、応答時間に影響が出る可能性があります。 ペナルティ / ボーナスは、 entry_pincipal で構成されます。この値は、リンクを通過するための ( ストレッチ ) リンクまたは drive_pincipal のスローダウン係数 ( またはそのいずれか ) を入力する固定 ( 秒 ) 値です。

独自の制限タイプを定義します ( 仮想交通標識など )

カスタム値 ( 値のベクトル ) を使用して制限を設定できます。たとえば、この道路リンクでは、 50kph 以上の速度でクラス 3+ の車両のみが許可されます。 または、カスタムバン / トラック / トレーラーのカテゴリ / 特性または地上高の特定の道路をブロックします。

[{"op":"restrict","shape": ... { ..., "CUSTOM_RESTRICTIONS":"0:100,1:90,2:60", ...} ( ストレッチ ) リンクで使用して、プロパティ #0 ~ 100 、プロパティ #1 ~ 90 、プロパティ #2 ~ 60 の車両のみを許可します。 ルーティングコールでは &customRestrLimit=0:40,2:4 、プロパティ #0 の値が 40 で、プロパティ #2 の値が 4 のカー ( およびプロパティ #1) を指定します。

カスタム車両タイプ

car またはなどの標準的な車両タイプに加え truckて、カスタムの車両タイプを使用することもできます。 このプロセスについては、次の手順で説明します。

  • オーバーレイを変更する場合、 LINK_ATTRIBUTE_FCN レイヤーでの override 操作によって、この特定のリンクで許可されている車両タイプを変更できます。 car またはなどの標準的な車両タイプ truck、およびカスタムの車両タイプ custom1custom2、、 custom3、またはを指定 custom4できます。 標準車両に加えてカスタム車両を追加するには、カンマ区切りのリストを使用します。
  • コールのルーティングでは、車両タイプ custom1custom2custom3 、または custom4 の代わりに指定することも、(コンマ区切りのリストを使用して)car truck に追加して指定することもできます。 次に、ルーティング API は、指定された車両タイプ(いずれかのタイプ)で許可されているリンクのみを使用します。
  • トラック運行管理内の特定の車両で特定のリンクの使用が許可されているものの、他の車両では禁止 custom1されている場合は、これらのリンクの車両タイプを許可することで、さらにオーバーライドできます。 コールのルーティングで mode=truck,custom1 は、トラックがこれらのリンクを使用できるように指定 mode=truck するか、または単にを指定して通常の動作を取得できます。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません