ETA の更新で追跡

Fleet Telematics の API が、車両走行中にルートを継続的に計算し、 ETA を更新します。 最初のルート計画の後、 GPS トレースを提供して数分ごとにルータに再度電話をかけ、更新された ETA を取得します。

&routeMatch=2 によって calculateroute.json 呼び出しでこの機能をアクティブ化し、 POST ボディ にトレースを追加します。

ETA 追跡
図 1. ETA 追跡
ETA 追跡がないと、すでに到達している内容や、次の leagl REST の期限がわかりません
図 2. ETA 追跡がないと、すでに到達している内容や、次の leagl REST の期限がわかりません

メリット :

  • 過去の情報を把握しているため(実際の GPS トレースから)、 ETA (合計および経由地ごと)が改善されました。

    • ドライバー REST 時間 ( 前回のレストから実際に再開した時点から、次回の法的 REST を計算 )
    • これまでにどの計画済み経由地が満たされたか、またはスキップされました (GPS トレースの確認から )
    • ルートマッチャーが履歴を考慮するため、現在の GPS 位置のマップマッチングが適しています
  • 再ルーティング要求では、これまでのトレースを送信するだけで、ルータはすべての REST を実行します。

  • 変更についてエンド ユーザー / レシーバーに事前に通知 / 警告するために、 ETA の改善が重要になりました。
地図の一致で最も近いリンクが使用されます。トレース履歴がわかっている場合は、正しくない可能性があります ( 左側 ) ( 右側 ) 。
図 3. 地図の一致で最も近いリンクが使用されます。トレース履歴がわかっている場合は、正しくない可能性があります ( 左側 ) ( 右側 ) 。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません