Intermodal Routing API v1 から Intermodal Routing API V8 に移行します

メモ

v1 から V8 までの API バージョンが欠落しているのは、内部バージョンの整合性が原因です。

準備

移行を完了するには、次の一般的なアクションを実行する必要があります。

  • 認証方法の変更( accessId ( v1 )資格情報パラメータを使用している場合のみ)
  • リクエストパラメータを更新します
  • 出力形式を更新します

変更の概要

API

モーダル間ルーティング API V8 では、新しいルーティングサービスが導入されています。

インターモーダルルーティング V8 は、要求パラメータおよび応答出力も変更します。 移行手順の詳細について は、「 Intermodal Routing API 」を参照してください。

認証

accessId クライアント アプリケーションの認証に使用される 20 バイトの Base64 URL セーフエンコード文字列であるパラメータ( v1 )は廃止されました。 お客様が HERE Web サイトにアクセスする場所について、資格情報の取得方法を変更しました。 OAuth 2.0 トークン資格情報認証方式が導入されました。 現在利用可能な認証方法の詳細について は、『 Identity & Access Management Guide 』を参照してください。

callbackFunc and callbackId パラメータ( v1 )が削除されました。

メモ

app_code 資格情報は V8 ではサポートされていません。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません