はじめに

HERE platform を利用している HERE Location Services の新しいセットを発表し、発表できることを大変嬉しく思います。このセットには、 developer.here.com の Developer ポータルから簡単にアクセスできます。 これらの新たにリリースされたバージョンの HERE Location Services は、ユニファイド API フレームワークを提供すると同時に、 HERE platform を活用することで、あらゆる顧客がロケーションサービスの幅広いサービスを簡単かつ効率的に導入できるようにします。 位置情報サービスをご利用のお客様は、再設計および調整された一連の API 、すべての位置情報サービスとの互換性を備えた合理化されたアーキテクチャのメリットを享受できます。これらの API は、同じ HERE Map Data 、認証および承認方法、および API 仕様を共有しているためです。 また、新たにリリースされた HERE Location Services では、地図更新頻度の向上と、本日 HERE platform を通じて実現された新しい地域(最近統合された日本の高詳細地図など)の迅速な利用を通じて、地図の更新内容を活用しています。

新しいサービスフレームワークが導入されたことで、新たにリリースされた HERE Location Services でのみ利用可能になる新しい機能を提供することも可能になりました。

HERE Location Services の最新バージョンにアクセスすると、現在のすべてのお客様がこれらの新機能を利用できます。 すでにトークンまたは API キー 認証を使用している場合は、アクセス資格情報に関する変更は必要ありません。 それでも app_id と app_code を使用している場合 は、 https://developer.here.com/documentation/identity-access-management にあるドキュメントを参照してください。ここで、新しい資格情報の作成方法と使用方法についての情報を参照できます。

ご登録ありがとうございました。 すべてのお客様に、新しいサービスの詳細を確認して評価してもらい、提供する新機能について理解してもらうことをお勧めします。

等値線 (Isoline) ルーティングサービス v7 から 等値線 (Isoline) ルーティングサービス v8 に移行します

ここでは、今後数か月の間に Routing v7 サービスの廃止が予定されており、サービスはメンテナンスモードになっています。 このガイドでは、 等値線 (Isoline) ルーティング v7 サービスのユーザーが、アプリケーションで 等値線 (Isoline) ルーティング V8 サービスを使用するように切り替える方法について説明します。
詳細について は、「 等値線 (Isoline) ルーティング V8 開発者ガイドおよび API リファレンス 」を参照してください。

メモ

ルーティングユーザーの場合は 、『 Routing Migration Guide 』を参照してください

Matrix Routing ユーザーの場合は 、『 Matrix Routing Migration Guide 』を参照してください

準備

移行を完了するには、次の一般的なアクションを実行する必要があります。

  • 認証方法の変更 ( 該当する場合 )
  • リクエストパラメータを更新します
  • 新しい出力形式の更新処理

メモ

概念の変更により、サポートされなくなった入力および出力パラメーターがあります。 これらについては、このガイドで詳しく説明します。

Calculate 等値線 (Isoline) リクエストの移行

このセクションでは、 等値線 (Isoline) ルーティング V8 への移行に必要な重要な変更点について説明します。

リクエスト

パラメータが追加されました

移行にパラメーターが追加されていません。

パラメータが変更されました

基本 URL 、バージョン、リソース

パラメーター 等値線 (Isoline) の計算 (v7) 等値線 (Isoline) ルーティング( V8 )
基本 URL 文字列 , https://isoline.route.ls.hereapi.com/routing 文字列 , https://isoline.router.hereapi.com
バージョン 文字列 , /7.2 文字列 , /v8
リソース 文字列 , /calculateisoline.json 文字列 , isolines

認証

等値線 (Isoline) (v7) 等値線 (Isoline) ルーティング( V8 )
形式 文字列 , app_id/app_code apiKey 要求ヘッダーのパラメータまたは OAuth bearer トークン。

現在使用可能な認証方法の詳細について は、『 Identity & Access Management 開発者ガイド』を参照してください。

利用可能な使用プランおよび制限の詳細について は、「価格設定とプラン」を参照してください。

リクエスト ID と HTTP ヘッダーの X-Request-ID の比較

requestId クエリ パラメーターが HTTP ヘッダーに置き換え X-Request-IDられます。

requestId (v7) X-Request-ID ( V8 )
形式 文字列 HTTP ヘッダーの文字列

startorigin

移行によって start 、パラメーターがに置き換え originられます。 単純な座標も引き続き使用できます。追加の経由地一致機能の予想される形式については、 API 仕様を確認してください。

start (v7) origin ( V8 )
形式 文字列 , {lat, long} waypoint オブジェクト。

destination

移行によって destination 、パラメータのデータ型が変更されます。 単純な座標も引き続き使用できます。追加の経由地一致機能の予想される形式については、 API 仕様を確認してください。

destination (v7) destination ( V8 )
形式 文字列 , {lat, long} waypoint オブジェクト。

departuredepartureTime

departure (v7) departureTime ( V8 )
形式 xs:dateTime RFC 3339 、 ()YYYY-mm-ddTHH:MM:SS(.NNN)(Z|+/-AA:BB)、または文字列で any は、時間依存属性 ( トラフィックなど ) の使用はスキップされます

arrivalarrivalTime

arrival (v7) arrivalTime ( V8 )
形式 xs:dateTime RFC 3339 、 ()YYYY-mm-ddTHH:MM:SS(.NNN)(Z|+/-AA:BB)、または文字列で any は、時間依存属性 ( トラフィックなど ) の使用はスキップされます

range および rangeType vs range オブジェクト

rangerangeType が、 2 つのフィールドを持つ range オブジェクト、 range[type] および range[values] に置き換えられます。

type
rangeType (v7) range[type] ( V8 )
形式 文字列、使用できる値は distance、、 timeconsumption 文字列。使用できる値は distance、、 timeconsumptionです。
values
range (v7) range[values] ( V8 )
形式 文字列。単位をベースにしたコンマ区切りのリストです rangeType 文字列。単位をベースにしたコンマ区切りのリストです range[type]

mode VS routingModetransportMode 、およびその他のパラメータ

移行では、複合 mode (string, Type +[TransportModes]+[TrafficMode] +[Feature] ) フィールドが複数の独立したフィールドに置き換えられます。

Type
Type (v7) routingMode ( V8 )
形式 文字列、使用できる値は fastest、、 shortestbalanced 文字列。使用できる値は fast およびです short
TransportMode
TransportModes (v7) transportMode ( V8 )
形式 文字列、サポートされているタイプは car、、 pedestriantruck 文字列、サポートされているタイプは car、およびです pedestrian truck
TrafficMode
TrafficMode (v7) 削除済み( V8 )
形式 文字列、サポートされているタイプは enabled、、 disableddefault departureTime=any または arrivalTime=any が使用されない限り、トラフィックは常にイネーブルになります。
Feature
Feature (v7) Avoid[feature] ( V8 )
形式 文字列。 RouteFeatureType: RouteFeatureWeightType 回避するルートフィーチャーのカンマ区切りのリストを表す文字列。 サポートされている機能のリストについては、 API の仕様を参照してください。
パラメーター 料金所 :-2 [features] = tollRoad を避けてください
パラメーター 高速道路 :-2 [features] = controlledAccessHighway を回避します
パラメーター ボートフェリー : 2番 [features] = フェリーを避けてください
パラメーター 鉄道フェリー :-2 番 [features] = carShuttleTrain を避けます
パラメーター トンネル :-2 [features] = トンネルを避けてください
パラメーター 道案内 : -2 番 [features] = dirtRoad を避けてください
パラメーター 回避理由 Avoid [features] = difficultTurns (TransportMode = TRACK) の場合のみ有効 )

qualityoptimizeFor

quality パラメーターの名前がに変更 optimizeForされます。 このパラメータでは、 等値線 (Isoline) 計算の最適化方法を指定します。値は次のとおりです。

  • quality: 品質に重点を置いた計算。つまり、 等値線 (Isoline) の計算に使用されるグラフの精度が高くなり、より正確な 等値線 (Isoline) が生成されます。
  • performance: 等値線 (Isoline) の計算はパフォーマンスを重視し、 等値線 (Isoline) の品質が低下してパフォーマンスが向上します。
  • balanced: 等値線 (Isoline) の計算には、品質とパフォーマンスのバランスの取れたアプローチが採用されています。

    デフォルトの動作 : balanced

quality (v7) optimizeFor ( V8 )
品質 = 1 optimizeFor= 品質
品質 = 2 optimizeFor=balanced です
品質 = 3 optimizeFor= パフォーマンス

最大点

maxPoints (v7) shape[maxPoints] ( V8 )
形式 整数、最大ポイント数 =100 整数、シェイプ [maxPoints] = 100

メモ

等値線 (Isoline) maxPoints の品質と正確性は、値が小さくなると低下します。 したがって、 V8 では、値が最大 30 ポイント未満に制限されています。 maxPoints 最適な等線量線を得るには、 100 より大きい値を使用することをお勧めします。

EV パラメータ

customConsumptionDetails (v7) ev[] ( V8 )
形式 customConsumptionDetails ev[] パラメータ設定を使用します。 詳細については 、『開発者ガイド』を参照してください。

トラック固有のパラメータ

V7 Parameter V8 Parameter
axleCount トラックを使用 [axleCount]
造船、 HazardousGoods トラック使用 [ 造船所 ]
limitedWeight トラックを使用します [grossWeight] 。 キログラム単位で値を入力してください
無積載重量 トラックを使用 [weightPerAxle]
高さ / 幅 / 長さ トラック [ 高さ ] 、トラック [ 幅 ] 、トラック [ 長さ ] を使用します。 値をセンチメートル単位で指定します。
tunnelCategory トラックを使用 [tunnelCategory]
トラックタイプ トラックを使用 [ タイプ ]
TrailersCount トラックを使用 [trailerCount]

パラメータが削除されました

パラメーター V7 の動作 V8 の動作
singleComponent に設定すると true、 等値線 (Isoline) サービスは、フェリーで区切られた各島に個別のポリゴンを作成するのではなく、常に単一のポリゴンを返します。 デフォルト値はです false 分離されたリージョン / アイランドは、常に複数のポリゴンとして返されます。
resolution 等値線 (Isoline) ポリゴンに必要な詳細レベルを指定できます。 単位はメートル / ピクセルです。 解決率が高いと、サービスからの応答時間が長くなる可能性があります。 現在の動作は、 v7.2 でパラメータを指定しないことと同じです
speedProfile 削除されました 将来的には、車両 ( トラック ) のすべてのパラメータを考慮して実際の車速を調整する必要があります。
consumptionModel このサービスでは、車両固有のパラメータを指定できます。このパラメータを使用して、所定のルートでの車両のエネルギー消費量を計算できます。

形式

この移行で Format は、パラメータ (v7) が削除されます。 応答は常に JSON 形式( V8 )で返されます。 XML はサポートされなくなりました。

応答

ここでは、応答の変更点について説明します。

応答の構造

返されたアイソセンタのジオコード化された座標は 、 Flexible ポリラインとしてエンコードされます。 デコーダーは、レポジトリで複数の一般的なプログラミング言語で使用できます。

パラメータが追加されました

応答に次のパラメータが追加されました。

  • notices : 要求された 等値線 (Isoline) の生成中に発生した可能性のある問題について説明してください。

パラメータが変更されました

V7 の動作 V8 の動作
center および start/destination ユーザーが origin または destination リクエストパラメーターを提供したかどうかに応じて、 departure または arrival に置き換えられます。 これらのパラメーターは、出発または到着の Time および Place を記述するオブジェクトです。
isoline ユーザー isolinesが指定した範囲ごとに 1 つずつ、要素の配列であるに置き換えられます。
range isolines 配列内の要素に使用される範囲の type AND value を定義する range オブジェクトに置き換えられました。
component 指定 polygonsしたの 等値線 (Isoline) を定義するポリゴンのリストであるに置き換え rangeられました。 各 polygon には、 等値線 (Isoline) の外側の境界を定義する地理座標のリストである outer エレメントがあります。 ジオコード化された座標は Flexible ポリラインとしてエンコードされます。
Connection 接続で polygons は、配列インデックスによって配列の接続されている要素が fromPolygonIndex AND で参照されるようになり toPolygonIndexました。 接続のシェイプは、によって定義 shapeされます。 一連のジオコード化さ れた位置で、 Flexible ポリラインとしてもエンコードされます。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません