HERE Map Tile v2 開発者ガイド

はじめに

HERE Map Tile v2 は、世界中のすべてのリージョンのマップ タイルイメージを要求できる REST API です。 これらの地図タイルをグリッドで結合すると、メルカトル図法を使用して世界の完全な地図が作成されます。

地図のタイルには、ベースマップ、航空地図、交通情報など、さまざまな種類の地図情報が表示されます。 また、特定のタイルに関するメタデータ情報を取得したり、そのカテゴリに基づいて POI タイルをフィルタリングしたり、その場所の地政学的なビューに応じて異なる地図ビューを表示したりすることもできます。

次の表に、HERE Map Tile v2 の使用例の概要を示します。

表 1. HERE Map Tile v2 の主な機能
機能 説明
地図タイルイメージを取得します HERE Map Tile v2 では、位置、形式、ズーム レベルなどの詳細情報を提供することで、ベースマップタイル、ラベルタイル、ラインタイル、ストリートタイルなどのさまざまな種類のマップタイルを要求できます。
地図タイルイメージの外観をカスタマイズします HERE Map Tile v2 では、マップ タイルイメージのスキーム、ズーム レベル、および解像度を指定できます。
地図の著作権情報を取得します HERE Map Tile v2 では、特定の地図バージョンの著作権情報を取得できます。
特定の場所のメタデータ情報を取得します HERE Map Tile v2 では、特定のマップタイルに関するメタデータ情報を提供するメタ情報タイルを取得できます。 このメタデータを使用すると、インタラクティブ機能を有効にしたり、タイルでレンダリングされたラベルまたはオブジェクトに関する情報を取得したりできます。
注: 詳細については、次のセクションを参照してください。
  • はじめに -HERE Map Tile で、HERE Developer ポータル v2 をすばやく設定して使用を開始する方法を確認できます。
  • HERE Documentation License には、このドキュメントをカバーする利用規約が一覧表示されています。
  • API リファレンス では、HERE Map Tile v2 のリソース、パラメータ、戻り値のタイプ、エラーコードについて説明しています。
  • データのプライバシーは、HERE と顧客にとって極めて重要です。 データの最小化を実践しており、不要なデータは収集しません。 また、サービスが個人情報の機能を要求しない場合は、データ主体の匿名化を推進します。 開発したサービスでは、設計によってプライバシーを利用しています。 当社は、単なる規制遵守を超えて、プライバシーを企業文化の不可欠な要素にしようと努めています。 プライバシーに対するアプローチは、顧客の信頼を獲得し、維持するうえで不可欠であり、データに基づくプラットフォームとしての将来の成功の基盤となるものと考えています。 HERE および顧客にとってデータのプライバシーがどのように基本的に重要かについては「HERE のプライバシーポリシー」を参照してください。