はじめに

新しい HERE platform ユーザーは すべて、『はじめに 』ドキュメントを参照してください。

パイプラインを使用してはじめにを実行するには、 HERE platform を使用できる必要があります。 つまり、 HERE platform ソフトウェアおよびライブラリを使用できるようにする必要があります。 HERE platform を使用して新しいアプリケーションを開発するには、さらにいくつかのツールが必要です。 次の条件が必要です。

  • アカウントを持っている必要があります。 通常は、会社の管理者にアカウントを要求します
  • 詳細について は、『 Identity & Access Management Guide 』を参照してください。
  • HERE platform のドキュメントを参照して、 HERE platform の設計および使用方法を確認してください。
  • プラットフォームポータルの確認 - ログインすると、プラットフォームポータルに移動します。 プラットフォームポータルを探索して、その機能に習熟してください。
  • プロファイルの管理 - プラットフォームポータル画面の右上にある自分の名前をクリックして、自分のプロファイルにアクセスします。 HERE ユーザー ID と 自分が所属するグループを検索できます。

セキュリティ

HERE platform は、複数のマイクロサービスとリソースを提供するクラウドベースのプラットフォームです。 各マイクロサービスと各リソース ( データカタログ、パイプライン、スキーマなど ) が保護され、認証と承認を使用する必要があります。 HERE platform 内でこれらのサービスにアクセスするには、資格情報が必要です。 チームと資格情報の設定方法については 、『 ID とアクセス管理ガイド』を参照してください。

開発環境を設定しています

次の手順を実行します。

  1. 上記の手順で資格情報を設定するか、 「資格情報を入手」を参照してください。
  2. 環境を設定します。

Web ポータル

Web ポータルを使用したパイプラインの操作については 、 Using the Web ポータル for Pipelines を参照してください。

パイプラインタスク

HERE platform パイプラインの使用には、主に 3 つのタスクがあります。

  1. JAR ファイル としてのデータ処理パイプラインの設計と実装
  2. HERE Platform Pipeline をパイプライン JAR ファイル に展開しています。
  3. パイプライン上のパイプラインバージョンでのジョブの実行および管理。

最初のタスクは、最も技術的に野心的なタスクです。 データ処理ワークフローを設計し、パイプライン JAR ファイル の内部に実装します。 詳細については、「パイプラインの操作」の記事を参照してください。

2 番目と 3 番目のタスクは、いずれも 3 つの方法で実行できます。

パイプラインを展開しています

パイプラインの監視とアラート

バッチパイプライン

ストリームパイプライン

パイプラインの操作

パイプラインの設計

パイプラインの設計データ操作

以下のドキュメントのいずれかを参照してください。

データ仕様の操作

その他のリソース

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません