パイプラインの管理

トピック

パイプラインのリスト

CLI または API を使用すると、アクセス権を持っているすべてのパイプライン、その ID 、およびその他の関連するメタデータを示すパイプラインのリストを取得できます。 UI でこれを行うに は、パイプライン (Pipelines) タブに移動し、各状態のパイプラインのリストと、それぞれに関連するメタデータの概要を探します。 この一覧表を並べ替え、フィルター処理、および検索できます。 例を HERE に示します。

パイプライン (Pipelines) タブの使用可能なパイプラインの代表的なリストのスクリーンキャプチャ
図 1. 使用可能なすべてのパイプラインのリスト

これらのパイプラインバージョンの詳細情報を取得するには、パイプライン名をクリックします。

↑ページトップへ

パイプラインバージョンをアップグレードしています

パイプラインバージョンをアップグレードするには、新しいパイプラインバージョンで置き換えます。 CLI を使用してこの処理を行うプロセスについて は、パイプラインライフサイクルの説明で説明 しており、バッチパイプラインとストリームパイプラインの両方に適用されます。 プラットフォームポータルからのアップグレードが簡単になりました。

図 2 に示す例で は、同じコンピュートバス遅延バッチ パイプラインバージョンの 4 つのバリアントを確認できます。 HERE の目的 は、実行中のパイプラインバージョン 3 を Ready バージョン 4 にアップグレードすることです。 Upgrade バージョン 4 のボタンをクリックします。 これにより、アップグレードプロセスが開始されます。このプロセスが終了すると、次にスケジュールされているジョブをパイプラインバージョン 4 で実行できます。

予定されているパイプラインバージョンをアップグレードするスクリーンショット
図 2. スケジュール設定されたパイプラインバージョンをアップグレードします

図 3 の例は、図 2 のシナリオのバリエーションです。 この場合、計算 バス遅延実行中のバッチ パイプラインバージョン 3 を予定 されているバージョン 4 にアップグレードすることが目標です。 前の例と同様 Upgrade に、バージョン 4 のボタンをクリックすると、アップグレードプロセスが開始されます。 ただし Upgrade 、ボタンは V4 では表示されません。 これは、 V4 が スケジュール 済みモードになっているためです。 Upgrade 機能を使用できるようにするには、Deactivateボタンを使用する必要があります。 その後 Upgrade 、を開始できます。 HERE のもう 1 つの違いは、バージョン 3 がバッチジョブを実行しているため、そのジョブの完了まで実行が続行されることです。 この時点で、バージョン 3 はバージョン 4 に置き換えられ、次回のスケジュール済みジョブはパイプラインバージョン 4 で実行されます。 画面上部の警告メッセージでこの操作を確認できます。

実行中のパイプラインバージョンをアップグレードするスクリーンショット
図 3. 実行中のバッチ パイプラインバージョンをアップグレードします

ヒント : 新しいパイプラインバージョンが必要です

既存のパイプラインバージョンをアップグレードする前に、新しいパイプラインバージョンで置き換える必要があります。 同じパイプライン JAR ファイル から作成できますが、変更したパラメータ値を使用して新しいテンプレートを作成することもできます。

次の例 ( 図 4 ~ 7) では 、実行中のストリーム パイプラインバージョン 3 のコンピュートバス遅延を バージョン 4 にアップグレードすることを目標としています。 HERE は、次のステップで構成されています。

ステップ 1- 一時停止ボタンをクリックして、実行中のパイプラインバージョンを一時停止します

ストリーム配信されたパイプラインの実行中のバージョンをアップグレードするために一時停止するスクリーンショット
図 4. 実行中の Streaming パイプラインバージョンを一時停止します

メモ

アップグレードプロセスはバッチパイプラインとストリームパイプラインの両方に適用されますが、動作は多少異なります。 パイプラインを一時停止すると、ストリーム パイプラインがすばやく応答し、バッチ パイプラインが一時停止するまでに時間がかかることがあります。 これは、現在実行中のジョブが完了したときにのみバッチ パイプラインが一時停止するためです。 このため、一時停止の遅延は、主に現在実行中のジョブのサイズと完全性に影響します。 ストリーム パイプラインは現在のジョブの場所を保存するだけ で、その時点で再開できます。

手順 2- ストリーム処理が一時停止されます

実行中のストリーミングパイプラインバージョンのスクリーンショットが一時停止されました
図 5. 実行中の Streaming パイプラインバージョンをアップグレードします

ステップ 3- アップグレードボタンをクリックして、アップグレードを開始します

実行中のストリーム配信パイプラインバージョンのアップグレード送信のスクリーンショット
図 6. 実行中の Streaming パイプラインバージョンをアップグレードします

ステップ 4 - アップグレードが確認されました

ストリーミングパイプラインバージョンのアップグレードの実行が完了したのスクリーンショット
図 7. 実行中の Streaming パイプラインバージョンをアップグレードします

実行中のパイプラインバージョンが一時停止されたときに、現在のジョブの状態が保存されました。 アップグレードが完了すると、ジョブは中断した場所で集荷されます。 この動作を回避して新しいジョブを開始するに は、ジョブを一時停止せずにキャンセルし、上記のように続行します。

↑ページトップへ

パイプラインバージョンの実行に失敗した場合

問題が発生し、パイプラインバージョンの実行に失敗した場合は、以下に示すような警告メッセージが画面上部に赤色で表示されます。

警告メッセージの実行失敗のスクリーンショット
図 8. アラートの実行に失敗しました

ヒント

詳細について は、『 Logs 、 Monitoring and Alerts ユーザー ガイド』を参照してください。

↑ページトップへ

パイプラインに関する情報の表示

管理者メニューでは、いくつかの管理機能にアクセスできます。 [ バージョン ] リストから特定のパイプラインバージョンを選択します。 ellipses 次に、次に示すように、パイプラインの右端にあるをクリックして、メニューを開きます。

パイプライン of スクリーンショットバージョン管理メニュー
図 9. パイプラインバージョン管理メニュー

パイプラインバージョンの詳細を表示します

特定のパイプラインバージョンに関するすべての情報を表示するに View Version Detailsは、その管理者メニューを開き、を選択します。 モーダル情報ウィンドウが開き、パイプラインバージョンのすべての設定パラメータ、および関連するメタ情報が表示されます。 図 11 にバッチ パイプラインのこのウィンドウの例を示し、図 12 にストリーム パイプラインの例を示します。

バッチ パイプラインバージョンのスクリーンショットの詳細が表示されます
図 10. バッチ パイプラインバージョンの詳細が表示されます

ヒント

右上隅の [X] をクリックして、表示ウィンドウを閉じます。

ストリーミングパイプラインバージョンの詳細表示のスクリーンショット
図 11. ストリーミングパイプラインバージョンの詳細画面

↑ページトップへ

操作履歴を表示します

View operations 管理者メニューをクリックすると、このパイプラインバージョンで実行された履歴操作のリストが表示されます。

ヒント

右上隅の [X] をクリックして、表示ウィンドウを閉じます。

選択したパイプラインバージョンのジョブ履歴のスクリーンショット
図 12. パイプラインバージョンのジョブ詳細を表示します

↑ページトップへ

パイプラインバージョンをコピーします

パイプラインバージョンをコピーできます。 新しいパイプラインバージョン ID が割り当てられることを除いて、同一です。 手順については、 HERE を参照してください。

  1. [ バージョン ] リストで特定のパイプラインバージョンに移動します。
  2. 省略記号 ボタンをクリックし 、メニューからCopy as new versionを選択します。

    スクリーンショット of Copy new version (新しいバージョンをコピー)メニュー。
    図 13. 新しいパイプラインバージョンをコピーします
  3. 次に、元のパイプラインバージョンのすべてのパラメータが事前に入力された [ バージョンの設定 (Version Configuration)] ページが表示されます。 ページの任意のパラメータを編集できますが、一部のパラメータの組み合わせによっては、新しいテンプレートの作成が開始されることがあります。

    バージョン設定ページのスクリーンショット
    図 14. パイプラインバージョンの設定ページ

↑ページトップへ

パイプラインバージョンを新しいパイプラインとしてコピーします

単一の既存のパイプラインバージョンに基づいて、新しいパイプラインを作成できます。 手順については、 HERE を参照してください。

  1. [ バージョン ] リストで特定のパイプラインバージョンに移動します。

  2. 省略記号 ボタンをクリックし 、メニューからCopy as new pipelineを選択します。

    スクリーンショット of Copy as new パイプラインメニュー
    図 15. 新しいパイプラインとしてコピーします
  3. 新しいパイプラインを保存する前に、名前、説明、および共有グループを変更できます。 Next 変更が完了したら、をクリックします。

    新しいパイプライン説明ダイアログのスクリーンキャプチャ。
    図 16. 新しいパイプラインについて説明します
  4. パイプラインバージョンをコピーする場合と同様のパイプライン詳細ページが、元のコピーされたバージョンに基づいて単一のバージョンで表示されます。 新しいパイプラインバージョンでは、必要に応じて任意の設定項目を変更できます。 Save version 変更内容を確定する準備ができたら、をクリックします。

↑ページトップへ

ジョブ履歴を表示します

View Jobs 特定のパイプラインバージョンのメニューアイテムをクリックすると、このパイプラインバージョンで実行されたジョブのリストが表示されます。

ヒント

右上隅の [X] をクリックして、ディスプレイを閉じます。

選択したパイプラインバージョンのジョブ履歴のスクリーンショット
図 17. パイプラインバージョンのジョブ詳細を表示します

↑ページトップへ

パイプラインを削除します

パイプラインサービスからパイプラインを完全に削除する必要がある場合があります。 これは、パイプラインインスタンスおよびそのインスタンスに関連付けられているすべてのもの(パイプライン JAR ファイル 、テンプレート、パイプラインバージョン)を削除することと同じです。 この操作を次のように実行します。

注 : カタログは含まれていません

この手順 は、パイプラインサービスにロードされたカタログには影響しません

ステップ 1 : パイプラインリストに移動し、削除するパイプラインを選択します

  1. パイプライン Ready は状態にある必要があります。
  2. パイプラインを選択します。
  3. More メニューをクリックします。
  4. More メニューで、をクリックします Delete Pipeline
パイプライン of スクリーンショットリスト画面
図 18. 削除するパイプラインを選択します

ステップ 2 : パイプラインの削除を確認します

警告 : 取り消し不可のアクションです

この操作を元に戻すことはできません。 パイプラインインスタンス全体および関連するすべてのものが削除されます。

Delete パイプライン確認ダイアログのスクリーンショット
図 19. パイプラインの削除を確認またはキャンセルします

ステップ 3 : 完了ステータスの確認が表示されます

パイプライン of スクリーンショット削除完了メッセージ **
図 20: パイプラインの削除を確認するメッセージ

↑ページトップへ

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません