パイプラインの状態

HERE platform パイプラインはステートフルです。 これは、デプロイされたパイプライン は常に、それらを定義する特性状態があることを意味します。 パイプラインには一度に 1 つの状態のみを含めることができます。

パイプラインバージョン

パイプラインの展開可能なコンポーネントは 、パイプラインバージョンのみです。 実行時の設定は、パイプライン テンプレートによって定義されます。 ランタイムパラメータの中には、オプションのパラメータによって上書きできるものがあります。

パイプラインバージョンの状態

パイプラインバージョンには、次の 4 つの状態があります。

  • 準備完了 –パイプラインバージョンがユーザーによって作成されたとき、または開始の準備ができたとき
  • スケジュール 済み–パイプラインバージョンがスケジュールされ、入力データの処理を開始するトリガーを待っている時間
  • 実行 中–パイプラインバージョンに、入力データを処理するアクティブなジョブがある場合
  • 一時停止 –パイプラインバージョンがユーザーによって一時停止され、入力データをアクティブに処理していない場合

操作

次の操作は、ユーザーまたはプラットフォームのいずれかによって、パイプラインバージョンで実行できます。

  • アクティブ化します
  • 一時停止
  • 非アクティブ化
  • キャンセル
  • 再開
  • アップグレード
  • 再起動します

これらの操作のほとんどは非同期であり、プラットフォームはバックグラウンドで実行します。 これらの操作、その状態、および関連するメッセージまたはエラー情報を表示または一覧表示できます。

操作の状態

これらの操作には、次のいずれかの状態があります。

  • 承認 済み–操作はプラットフォームによって受け入れられますが、まだ処理されていません。
  • being_processed –プラットフォームが操作リクエストを処理しています。
  • [Succeeded] - 操作が正常に完了しました。
  • 失敗 - 操作が完了しませんでした。

    情報

    パイプラインバージョンでの操作が処理されている場合、現在の操作が成功するか失敗するまで、同じパイプラインバージョンで新しい操作が要求されないことがあります。

ジョブと状態

ジョブ は 、パイプラインバージョンの実行インスタンスに対応します。 パイプラインバージョン には 0 個以上のジョブが含まれていることがありますが、一度に実行できるジョブは 1 つだけです。

  • バッチ処理の 場合 、ジョブは成功または失敗のいずれかによって終了します。

  • ストリーム処理で は、ジョブ は単独で終了することはありませんが、この場合、プラットフォームは自動的に新しいジョブで処理を再開することがあります。

ジョブの状態

ジョブには、次の 4 つの状態があります。

  • 開始 中–ジョブが開始され、リソースが割り当てられています。
  • 実行中 –ジョブが実行中です。
  • 完了 –ジョブが正常に終了しました。
  • 失敗 - 失敗したため、ジョブが終了しました。
  • キャンセル 済み–ジョブは完了前に終了します。

パイプラインバージョンの状態の遷移

状態間の有効な遷移は、パイプラインバージョン(バッチまたはストリーム)の処理モデルとは無関係です。 ただし、一部のトランジションでは、使用されている処理モデルに基づいて内部的な動作が異なる場合があります。 次の図は、さまざまなパイプラインバージョンの状態と操作を示しています。

パイプラインバージョンの状態の遷移
図 1. 状態の遷移

現在の状態テーブル

 
操作
開始状態
終了状態
メモ
1 作成 ~ 準備完了

新しいパイプラインバージョンが作成され、使用できるようになります。

2 アクティブ化します 準備完了 スケジュール済み

パイプラインバージョンがアクティブ化され、実行がスケジュールされます。

バッチ パイプラインバージョンがオンデマンドで実行されるようにアクティブ化されると 、 [Scheduled] 状態になり、ただちに 実行 状態に変わり、 1 回だけ実行されて から [Ready] 状態に戻ります。 入力カタログに新しいデータが含まれていても、それ以上の処理は行われません。 手動で再度実行する必要があります。

3 実行 ( 内部 ) スケジュール済み 実行中です

これは内部操作です。 パイプラインバージョンの新しいジョブが作成され、ステータスが実行中に変更されます。

バッチ処理の場合、プラットフォームは入力カタログが変更されて新しいジョブが開始されるのを待ちます。

ストリーム処理の場合、プラットフォームは数分遅れてジョブの実行を開始し、実行を続行します。

4 終了 ( 内部 ) 実行中です スケジュール済みまたは準備完了

これは内部操作です。 現在のジョブが成功または失敗して終了しました。 パイプラインバージョンが再度実行されるように設定されている場合、スケジュール済み状態に設定されます。設定されていない場合、準備完了状態に設定されます。

5 非アクティブ化 スケジュール済み 準備完了 パイプラインバージョンが非アクティブ化され、準備完了状態に戻ります。
注 : プラットフォームは、 12 回連続して失敗した場合、パイプラインバージョンを自動的に非アクティブ化します。
6 一時停止 実行中です 一時停止しまし

バッチ処理では、現在のジョブが完了し、今後のジョブが一時停止されます。

ストリーム処理の場合、現在の状態が保存され、ジョブが正常に終了します。

7 再開 一時停止しまし スケジュール済み

バッチ処理では、パイプラインバージョンがスケジュールされ、入力カタログの次回の変更トリガー時に新しいジョブが作成されます。

ストリーム処理の場合、新しいジョブが開始され、以前に保存した状態からパイプラインバージョンが再開されます。 この保存済み状態は廃棄されます。

8 キャンセル 実行中です 準備完了 実行中のジョブは、保存状態ではなくただちに終了し、パイプラインバージョンは準備完了状態に移行します。 バッチ処理では、今後作成されるすべてのジョブもキャンセルされます。
9 キャンセル 一時停止しまし 準備完了

バッチ処理では、今後のすべてのジョブがキャンセルされ、パイプラインバージョンが準備完了状態に移行します。

ストリーム処理の場合、一時停止したジョブの保存済み状態は破棄され、パイプラインバージョンは準備完了状態に移行します。

10 再起動(ストリーム パイプラインのみ) 実行中です 実行中です

ストリーム パイプラインを中断する必要があり、ユーザーが要求されたアクションを実行できない場合、ストリーム パイプラインの状態を保存して保存済み状態から再起動しようとします。
ストリームパイプラインの通知と復旧を有効化を参照してください。

も参照してください

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません