はじめに

公共交通機関 API V8 には、 公共交通機関ルーティング API V8公共交通機関 Next Departures API V8 、公共交通機関検索 API V8 の 3 つの REST APIがあります。 これらの API を使用すると、 HERE によって収集されたエージェンシーデータ、外部サービス、およびデータを使用して、公共交通機関のオプションの発見、公共交通機関のルートのリクエスト、およびトランジット関連の情報を取得できます。

公共交通機関 API V8 は、次のユースケースをサポートしています。

  • WGS-84 準拠の緯度と経度に基づいて、地理位置情報の公共交通機関オプションを探索します。 これには、近隣の駅を検索して、そのエリアで利用できる公共交通機関の情報 ( トランジットラインや出発時間など ) を確認することが含まれます。
  • WGS-84 準拠の開始地点と終了地点に基づいて公共交通機関のルートをリクエストします。これには、特定の都市または都市部で利用可能なすべての種類の交通機関を利用する公共交通機関のルートリクエストが含まれます。 以下の方法で、さまざまなユースケースの輸送ルート計算を調整できます。
    • 到着時間と出発時間に基づいてルートを定義します。
    • 鉄道や地下鉄のみなど、特定の交通手段でフィルタリングします。
    • 時間または日前にルートを計画しています。
    • 最寄の交通機関の駅までの最長徒歩距離または徒歩速度を設定しています。
    • 旅程に含まれる変更または転送の数を定義します。
    • 旅程の開始時と終了時に、徒歩でのナビゲーションのターンバイターン操作を要求しています。
    • 地図上のルートを表示するために、旅程のルートグラフを要求しています。

メモ

バグレポートを送信する場合 errorCode、または特定のルート計算のサポートを依頼する場合は、必ずルーティングリクエストの URI と対応する URI ( 存在する場合 ) を提供してください。

詳細については、以下を参照してください。

  • 公共交通機関 API V8 をすばやく設定して使用を開始する方法については、「はじめに」を参照してください。
  • このドキュメントをカバーする利用規約については、HERE Documentation License を参照してください。

データのプライバシーは、HERE とお客様にとって極めて重要です。 当社は、データの最小化を実践しており、不要なデータを収集することはありません。 また、個人情報を必要としないサービスの場合は、データ対象者の匿名化を推進しています。 当社が開発するサービスには、プライバシーバイデザインを採用しています。 当社は、単なる規制遵守を超えて、プライバシーを企業文化の不可欠な要素にするべく努力しています。 プライバシーに対するアプローチは、お客様の信頼を獲得し、維持するうえで不可欠であり、データ主導のプラットフォームとしての将来的な成功の基盤となるものと考えています。

HERE および顧客にとってデータのプライバシーがどのように基本的かつ重要かについては、「HERE プライバシー憲章」を参照してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません