はじめに

HERE Routing API は、世界の複数の地域において、2 つ以上のロケーション間のルートを計算するための HTTP JSON REST API です。HERE Routing API を使用すると、ルートの計算に影響を与えるオプションを指定したり、特定のニーズに合わせてルートに関連する追加情報を要求したりできます。

HERE Routing API は次のユース ケースをサポートしています。

  • 進路変更ガイダンスを可能にするアプリケーションを作成します。
  • 車やトラックなどのさまざまな輸送手段、およびその輸送手段による帰りのルートを指定します。
  • 独自のペナルティ パラメーターを定義して、ルート計算で使用する道路属性(有料道路、高速道路、ボート、鉄道連絡船など)を決定します。
  • ルートの地理的表現をマップ データとともにレンダリングし、ルートがマップに表示されるようにします。
  • 運行管理トラッキング アプリケーションをサポートします。
  • Web ポータルとモバイル デバイスでのナビゲーションおよび交通情報をサポートします。
  • 貨物および車両交換ポータルをサポートします。

/routes 応答は、ルートの区間を表す一連のセクション、およびルートの長さや予定移動時間などの関連情報で構成されます。ルートの形状を折り曲げられる折れ線にするなど、必要に応じて追加のプロパティを要求できます。

以下の情報を参照してください。

  • HERE Routing API をすばやく設定して使い始める方法については、「はじめに」を参照してください。
  • このドキュメントをカバーする利用規約については、HERE Documentation License を参照してください。
  • データのプライバシーは、 HERE と顧客にとって極めて重要です。 データの最小化を実践しており、必要のないデータは収集していません。 また、サービスが個人情報の機能を要求しない場合は、データ主体の匿名化を推進します。 開発したサービスでは、設計によってプライバシーを利用しています。 当社は、単なる規制遵守を超えて、プライバシーを企業文化の不可欠な要素にしようと努めています。 プライバシーへの取り組みは、顧客の信頼を獲得し、維持するうえで不可欠であり、データ主導のプラットフォーム としての将来の成功の基盤となるものと考えています。

HERE および顧客にとってデータのプライバシーがどのように基本的かつ重要かについては、「HERE プライバシー憲章」を参照してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません