Section

ルートは 1 つ以上のSectionに分割され、各Sectionは 2 つの連続するWaypoint間のルートの一部を表します。 これらは、出発地、目的地、 経由するWaypoint、またはドライブルートのフェリーSectionのような暗黙的なモード変更のいずれかになります。 ルート要求に中間のWaypointが含まれていない場合、成功したルートレスポンスには通常 1 つのSectionが含まれます。

デフォルトでは、Sectionには出発属性や到着属性などの基本情報が含まれています。 リクエストで return パラメータが指定されている場合は、追加の属性がオプションで提供されます。

このパラメータreturnの値の例を次に示します。

  • summary: 出力サマリー情報 ( 期間など )
  • polyline: フレキシブルポリラインを出力
  • spans: Sectionのより詳細なプロパティを出力
  • actions: このSectionで実行する必要があるActionを出力
  • turnByTurnActions:ターンバイターンガイダンスの道路情報を使用してActionを出力します

Sectionの内訳

Sectionの内訳
図 1. Sectionの内訳

Sectionには、ドライブ、徒歩、ライドなど区間内の移動について説明する部分があります。 この部分は、Sectionの出発から到着までの間に開始されます。 Sectionのトラベル部分の前後に行う必要があるActionがあります。これらのActionは、Action前属性およびAction後属性で表されます(「Action」を参照)。

departureTime または arrivalTimeに応じて、オプションのタイムゾーンオフセットが指定されていない場合、要求された時間は、それぞれ起点または終点のローカル時間に変換されます。 詳細については 、『 API リファレンス』を参照してください。

Spanspolylineは 、Sectionのトラベル部分のみをカバーします。

  • return=summary 前処理および後処理を含む、Section全体の概要情報が含まれます。
  • return=travelSummary セクションのトラベル部分のみの概要情報を提供します。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません