トラックのルート探索

トラックルートの計算では、トラック関連の制限事項やユーザー指定のその他のトラックオプションが考慮されます。 トラックのルーティングは、transportMode=truck設定、 fastサポート 、およびshortルーティングモードによって有効になります。

メモ

truck パラメータは廃止されました。 vehicle 代わりにパラメーターを使用してください。 同じリクエストでは、truck パラメータとvehicleパラメータを使用しないでください。

計算では、次の種類の制限が考慮されます。

  • 法的な制限–トラックで禁止されているセグメントおよび操縦に適用されます。 これらの制限は transportMode=truck 、が指定されたときに自動的に有効になります。
  • 物理的な制限– 車両の物理的な属性に適用されます。たとえば、重量アクスルあたりの重量高さ、 または さ。 これらの制限を適用するには、車両パラメータを指定する必要があります。
  • 危険物に関する制限 事項–車両内で輸送されている物品の性質に適用されます。 車両が輸送している危険貨物の種類 vehicle[shippedHazardousGoods] をパラメータで指定する必要があります。
  • トンネルカテゴリ –危険物のトンネルカテゴリに適用されます。 vehicle[tunnelCategory] このパラメータでトンネルを回避するには、トンネルカテゴリを指定する必要があります。
  • 時間に依存する制約事項–上記の制限事項のいずれかに適用されますが、有効期限は一定の期間のみです。 時間に依存する制限に違反する道路を使用するルートは、制限が有効な間に車両がルートのそのセクションに到達できる場合、ペナルティが課せられます。 ただし、セクションが制限期間外に達した場合、この制限は考慮departureTime=anyされません。ルートが計画モードで計算された場合、時間依存の制約は無視されます () 。
  • 困難な旋回 - 大型車両の走行が困難な U ターンやその他の鋭角な蛇行に対応します。 この動作を行う avoid[features]=difficultTurnsには、パラメーターを指定する必要があります。

メモ

制限が多すぎる地域では、ルートの計算ができない場合があります。 デフォルトでは、このような場合に応答には、一部の制限に違反するルートと、ルートに含まれている違反について通知する一連の重要なメモが含まれます。 ほとんどの主要道路で、アクスルあたり 11.5t の重量制限があるルーマニアなどのまれなケースでは、トラックプロファイルが多すぎる制限に違反した場合に、違反についての警告を含むデフォルトルートを計算することはできません。

トラック走行時間の推定値

走行時間の推定値は、ライブの交通状況、過去の交通パターン、さまざまな操作の実行にかかる時間、法的な制限速度など、さまざまな要因に基づいています。

場合によっては、車両に法的に義務付けられている制限速度よりも低い特別な制限速度が設定されていることがあります。 これは、運行管理 のポリシーまたは車両の一部の制限が原因である可能性があります。 このような場合 vehicle[speedCap] パラメーターを使用してこの制限を指定し、その車両の走行時間の予測精度を改善できます。

車両パラメータ

トラックルーティングでは、ルート計算で考慮する追加の変数を指定する一連の要求パラメータがサポートされています。 このプロファイルの表現はフォームに含ま vehicle[parameter-name]=valueれています。 サポートされているすべてのパラメータのリストについて は、『 Routing API specification 』を参照してください。

車軸あたりの重量制限

一部の道路や橋には、車軸あたりの重量制限がある場合があります。その場合、ルートの考慮事項を考慮する必要があります。

車軸制限あたりの重量のタイプ

ほとんどの国では、規制によって、そのアクスルについての詳細を指定せずに、任意のアクスルごとに許容される最大重量が定義されています。 このようなアクスルあたりの一般的な重量制限は、次のように標識されていることが多い。

アクスルあたりの重量の例
図 1. アクスルあたりの重量の例

米国、スウェーデン、ロシアなどの一部の国では、特定のアクスルグループごとに最大許容重量が定義されています。 記号の例を次に示します。

アクスルグループごとの重量の例
図 2. アクスルグループごとの重量の例

アクスルあたりの重量およびアクスルグループあたりの重量

Routing API では、トラックの最大アクスル荷重を指定する方法が 2 つあります。

  • vehicle[weightPerAxle]
  • vehicle[weightPerAxleGroup]

これらの 2 つのパラメータは互いに排他的です。

weightPerAxle 使用は、地域の規制によって、異なるアクスルグループタイプごとに制限が区別されない場合、またはトラックの最も重いアクスルの重量のみがわかっている場合にお勧めします。 ルーティング weightPerAxle では、すべてのアクスルグループタイプについて、アクスルごとの一般的な重量制限および制限に対して値が評価されます。 各地域の規制でアクスルグループごとに最大重量が指定されている国では、 weightPerAxleGroup さまざまなアクスルグループタイプの重量を提供するためにを使用することをお勧めします。

使用例 weightPerAxleGroup:

  • vehicle[weightPerAxleGroup]=single:12、トラック、 1 つの車軸グループにつき 12 トン
  • vehicle[weightPerAxleGroup]=tandem:16・タンデムアクスル 1 基につき 16 トンのトラック
  • vehicle[weightPerAxleGroup]=single:12,tandem:16,triple:201 つのアクスル・グループにつき 12 トン、タンデム・アクスル・グループあたり 16 トン、トリプル・アクスル・グループあたり 20 トンのトラック

ロシアなどの一部の国 では、アクスルグループごとの重量制限が、タンデムまたはトリプルアクスルグループ内の 1 つの物理アクスルの最大許容重量として示されています。 ただし、 API の使用量は変更されません。 を使用 vehicle[weightPerAxleGroup]して、各アクスルグループの総重量を入力する必要があります。

有害物質の使用制限

vehicle[shippedHazardousGoods] このパラメータは、危険物を輸送する場合に使用します。 このパラメータを設定すると、指定された危険物が禁止されている道路をルート計算で回避できます。

このような制限のある道路を除外する場合の規則は、次のとおりです。

  • トラックに危険物が含まれている場合、危険物の輸送を禁止されている道路は、常にルート計算から除外されます。
  • リクエストに明記されている場合 vehicle[shippedHazardousGoods]=harmfulToWater、水質汚染物質の出荷が禁止されている道路はルート計算から除外されます。
  • リクエストに明記 vehicle[shippedHazardousGoods]=explosive,flammableされている場合、爆発物や可燃物の輸送を禁止されている道路はルート計算から除外されます。
  • トラック内の危険物をリクエストで指定すると、その特定の危険物の配送が禁止されている道路がルート計算から除外されます。

一部の危険物カテゴリが重複していますが、ルーティングエンジンは、危険物を制限品目に暗黙的にマッピングしません。 たとえば、貨物に可燃物または可燃性ガス(可燃性の可能性があります)が指定されている場合、可燃性物質で禁止されている道路はルート計算から除外されません。 同様に、貨物に毒物またはガス(有毒な可能性があります)が指定されている場合、吸入した際に有毒な物質で禁止されている道路はルート計算から除外されません。

メモ

危険物パラメータの値を設定 vehicle[tunnelCategory] しても、パラメータの値は自動的には設定されません。 両方のパラメータに適切な値を設定する必要があります。 トンネルがあるルートで危険物を輸送する方法の詳細について は、「トンネルカテゴリの設定」セクションを参照してください。

トラックのカテゴリー

トラックルートの計算では、一般トラックに開放されている道路にのみ車両がルート指定されます。 トラックカテゴリのパラメータ、 vehicle[categories]を使用して、特定の限定的なユースケースのこの制約を変更できます。

このパラメータを指定しないか、このパラメータを undefinedなどのように設定しないと、デフォルトのトラックルーティング動作が選択されます vehicle[category]=undefined

次のカテゴリがサポートされています。

小型トラック

lightTruck カテゴリは設定によって選択されます vehicle[category]=lightTruck

「トラックなし」の道路標識によっては、制限のあるトラックの物理的な特性(高さ、重量など)について暗黙的な前提条件が設定されている場合があります。 lightTruck カテゴリを使用して、車両がこれらの制限の対象外であることを指定できます。

このカテゴリのカノニカルユースケースは、 8T を超えるトラック、 5T を超える積載量、 11 名を超える搭乗能力を持つトラックに適用される「トラックなし」のサインです。 lightTruck 車両の物理的特性がこれらの制限を超えない場合、カテゴリを使用できます。

メモ

lightTruck カテゴリを使用しても、車両の物理的な寸法が想定されるわけではありません。 ユーザーは、車両の高さ、重量、およびその他の物理的パラメータを指定して、ルートが他の物理的および法的な制約に準拠していることを確認する必要があります。

トンネルカテゴリを設定します

トンネルカテゴリでは、規制対象のトンネルに入ることを許可されていない危険物を指定します。 トンネルカテゴリは、パラメータで指定 vehicle[tunnelCategory]できます。 カテゴリの範囲は B からEまでで、 B 最も限定的です。

  • B - 、 BCD または E の標識が表示されているトンネルを通過するトランスポートは禁止されています
  • C - 標識が表示されているトンネルを通過するトランスポートは禁止されています : CDE
  • D - 標識が表示されているトンネルを通過するトランスポートは禁止されています : D E
  • E - 標識が表示されているトンネルを通過するトランスポートは禁止されてい E only

メモ

トンネルカテゴリを設定しても vehicle[shippedHazardousGoods] 、パラメータの値は自動的には設定されません。 両方のパラメータに適切な値を設定する必要があります。 危険物の輸送の詳細について は、「危険物の制限」の項を参照してください。

難しいカーブを避けてください

既定では、トラックルートの計算では、トラックにとって困難または不可能なターンや手動運転者を回避しようとします。 ただし、大型トラックでは、デフォルトの動作では要件を満たすことができない場合があります。 を使用すると、より厳格な罰則を施行 avoid[features]=difficultTurnsできます。 このパラメータを設定すると、ルート計算ではより多くのタイプの回転を回避しようとし、これらの回転を回避するために、より長い迂回路を考慮します。

以下に、トラックの取り回しによって回避される旋回の例を示します。

  • U - 高速道路と高速道路をオンにします
  • U ターンの角度に近い角度の鋭角な助手席側ターン
  • 大きな弧を描くような鋭いドライバーサイドのカーブ ( 逆方向の渋滞を通過 )

メモ

このオプションを適用 avoid[features]=difficultTurnsしても、ストップオーバー経由地 での U ターンは回避されません。

U ターンを避けてください

を設定 avoid[features]=uTurns すると、高速道路と高速道路を U ターンしないようになります。 avoid[features]=difficultTurns これは、移動の多い高速道路を U ターンして小型トラックが急旋回することを防止する代替手段となります。また、急旋回することも可能で、通常はそのような旋回を行うことができます。

メモ

このオプションを適用 avoid[features]=uTurnsしても、ストップオーバー経由地 での U ターンは回避されません。

フェリーを使用してトラックのルートを計算する方法については、次のチュートリアルを参照してください。

舗装路を避けてください

既定では、トラックのルート変更によって未舗装の道路が罰されることはあり avoid[features]=dirtRoadません。この作業はオプションでのみ可能です。 このサービスを利用してアプリケーションを作成する場合 dirtRoad は、状況によって未舗装の道路が頻繁に使用されるように許可または強制されない限り、すべてのトラックの経路指定リクエストに合わせて設定してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません