期間情報

ルーティング応答には、いくつかのタイプの期間を設定できます。

  • duration - アクション、セクションなどの合計所要時間
  • baseDuration - タイムアウェア情報を無視したルートセクションの期間 ( 秒単位 ) 。 特に、動的なトラフィック情報は考慮されません。 この期間の計算には、履歴トラフィックに基づく平均フリーフロー速度のみが使用されます。 は baseDuration 、可能な限り最適な期間であると判断することもできます。
  • typicalDuration - 特定の時間帯の一般的な交通情報を含む期間
  • mlDuration - 地域固有の機械学習モデルに基づく期間

輸送セクションまたはアクションには、、 baseDurationtypicalDuration 、および mlDuration は存在しません。これらは常に duration に等しいためです。

typicalDuration またはを取得 mlDurationするに return=summary,typicalDurationは、この情報を明示的に要求します。

ルート全体 baseDuration typicalDuration または mlDuration 計算が必要な場合は、 duration 存在する場所の合計に duration 加算する必要があります。

すべての期間タイプについて、値が秒単位で返されます。

期間を計算するコードサンプルについては、次のチュートリアルを参照してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません