はじめに

HERE platform を利用している HERE Location Services の新しいセットを発表し、発表できることを大変嬉しく思います。このセットには、 developer.here.com の Developer ポータルから簡単にアクセスできます。 これらの新たにリリースされたバージョンの HERE Location Services は、ユニファイド API フレームワークを提供すると同時に、 HERE platform を活用することで、あらゆる顧客がロケーションサービスの幅広いサービスを簡単かつ効率的に導入できるようにします。 位置情報サービスをご利用のお客様は、再設計および調整された一連の API 、すべての位置情報サービスとの互換性を備えた合理化されたアーキテクチャのメリットを享受できます。これらの API は、同じ HERE Map Data 、認証および承認方法、および API 仕様を共有しているためです。 また、新たにリリースされた HERE Location Services では、地図更新頻度の向上と、本日 HERE platform を通じて実現された新しい地域(最近統合された日本の高詳細地図など)の迅速な利用を通じて、地図の更新内容を活用しています。

新しいサービスフレームワークが導入されたことで、新たにリリースされた HERE Location Services でのみ利用可能になる新しい機能を提供することも可能になりました。

HERE Location Services の最新バージョンにアクセスすると、現在のすべてのお客様がこれらの新機能を利用できます。 すでにトークンまたは API キー 認証を使用している場合は、アクセス資格情報に関する変更は必要ありません。 それでも app_id と app_code を使用している場合 は、 https://developer.here.com/documentation/identity-access-management にあるドキュメントを参照してください。ここで、新しい資格情報の作成方法と使用方法についての情報を参照できます。

ご登録ありがとうございました。 すべてのお客様に、新しいサービスの詳細を確認して評価してもらい、提供する新機能について理解してもらうことをお勧めします。

新しい Routing API V8 には、次のような新しいモードと機能があります。

  • 特定の道路セグメントおよび採用された速度プロファイルを使用した 2 輪駆動の経路指定
  • 最適化された充電拠点を考慮して最速ルートを見つけるための充電対応 EV ルーティング
  • コアルーティングアルゴリズムのパフォーマンスと品質の改善
  • 日本の地理的条件でもサービスを提供しています

Routing Services v7 から Routing Services V8 に移行します

ここでは、今後数か月の間に Routing v7 サービスの廃止が予定されており、サービスはメンテナンスモードになっています。 このガイドでは、 Routing v7 サービスのユーザーが、アプリケーションで Routing V8 サービスを使用するように切り替える方法について説明します。

詳細については、「ルーティング V8 開発者ガイドおよび API リファレンス 」を参照してください。

メモ

Matrix Routing ユーザーの場合は 、『 Matrix Routing Migration Guide 』を参照してください

等値線 (Isoline) ルーティングユーザーの場合は 、『 等値線 (Isoline) ルーティング移行ガイド』を参照してください

準備

移行を完了するには、次の一般的なアクションを実行する必要があります。

  • 認証方法の変更 ( 該当する場合 )
  • リクエストパラメータを更新します
  • 新しい出力形式の更新処理

メモ

概念の変更により、サポートされなくなった入力および出力パラメーターがあります。 これらについては、このガイドで詳しく説明します。

認証

メモ

アプリ コード資格情報 は V8 ではサポートされていません。 現在利用可能な認証方法の詳細については、『 Identity & Access Management Guide 』を参照してください。

利用可能な使用プランおよび制限の詳細について は、「価格設定とプラン」を参照してください。

概念の変更

地図情報

V8 サービスのルーティングサービスで使用される基本的なマップは HERE Map Contentです。 このマップは トポロジモデルに準拠しています。 そのため、 V8 にはリンクおよびリンク属性の概念はありません。

これにより、ルートに関連する地図情報がどのように返されるかが異なります。 V8 のルートレスポンスは、 1 つ以上のセクションで構成されています。 ルート関連の属性が要求された場合は、スパンが含まれている可能性があります。

スパンは、一般 linkAttribute に、ルート属性のコンパクトな表現を提供し、応答を置き換えます。 return パラメータを使用して、さまざまなルートおよびレッグ属性を指定できるようになりました。

詳細については 、『 Routing API V8 開発者ガイド』を参照してください。

公共交通機関のルーティング

公共交通機関のルーティングは、 Routing v7 サービス(mode=;publicTransportTimeTable または mode=;publicTransport)のモードとして提供され、専用のエンドポイントhttps://transit.ls.hereapi.comを持つ別個の公共交通機関 v3 サービスとして提供さ れました。 V8 では構造がシンプルhttps://transit.router.hereapi.com化され、専用の公共交通機関 V8 サービス()がこの機能にアクセスする唯一の方法となります。 詳細については、公共交通機関 API V8 サービスのドキュメントを参照してください。

トラックの制限に違反するルート

メモ

ルーティング V8 で truck は、パラメータは廃止されました。 vehicle 代わりにパラメーターを使用してください。 同じリクエストでは、truckパラメータとvehicleパラメータを使用しないでください。

ルーティング v7 では、トラックの制約に厳密に対応していました。 そこには、トラックの制限に違反したルートが返却されませんでした。 この動作は truckRestrictionPenalty パラメーターで変更できましたが、 Routing v7 では一般的な通知のみが提供されていました : Code: routingOptionViolatedText: truckRestriction

指定されたすべてのオプションおよび車両パラメータに準拠するルートが Routing V8 で見つからず、適用可能なすべての制限が回避された場合、デフォルトでは、一部の制限に違反するルートが応答に含まれます。 また、回答には、回避できなかった制限について説明する一連の重要な通知も含まれています。 一部の地域では、これは不可能です。たとえば、ルーマニアでは、ほとんどすべての主要道路でアクスルあたり 11.5 t の制限があります。

メモ

ルートを受信するときに重要なタイプの通知を監視し、予想される制限違反の結果が十分に理解された場合にのみルートを使用することが最重要です。

ルート計算要求の移行

このセクションでは、 v7 Calculate Route リクエストを V8 Routing リクエストに移行するために実行する必要があるアクションについて説明します。

パラメータのタイプまたは仕様の詳細については、『 Routing API V8 開発者ガイド』を参照してください。

リクエスト

このセクションでは、リクエストの変更について説明します。

パラメータが追加されました

この移行では、新しいパラメーター returnspans 、前述の新しい概念の変更が導入されます。

パラメータが変更されました

この移行では、次のパラメータが変更されます。

基本 URL 、バージョン、リソース

パラメーター ルーティング v7. V8 のルーティング
基本 URL 文字列 , https://route.api.here.com 文字列 , https://router.hereapi.com
バージョン 文字列 , routing/7.2 文字列 , /v8
リソース 文字列 /calculateroute.json 文字列 , /routes

waypoint<x> vs originviadestination

この移行では、 waypoint<x> パラメータ( v7 )がいくつかの個別の特定の経由地タイプ( V8 )に分割されます。 waypoint0 V8 では origin と呼ばれます。

中級 waypoint<x> 者は via 、 (v8) として指定する必要があります。 複数の中間点を指定する必要がある場合 via=<> は、複数のパラメーターを使用します。

waypoint<n> (v7) の最後の ( つまり、宛先 ) パラメータが destination (v8) と呼ばれるようになりました。

ルーティング v7. V8 のルーティング
パラメーター waypoint0 origin
パラメーター waypoint<x> via
パラメーター waypoint<last> destination
形式 文字列 , {lat},{lng} 文字列 , {lat},{lng}
動作 WGS-84 準拠の座標を設定します。 WGS-84 準拠の座標を設定します。

mode routingMode、、およびに分割します transportMode avoid[features]

この移行 mode では、パラメーター( v7 )がいくつかの個別の特定のオプション( v8 )に分割されます。 RouteFeatureType およびで RouteFeatureWeightTypeは、を使用 avoid[features]します。 オプション( -1 および -3 )では、使用状況の統計およびフィードバックに基づいて十分な値またはユーザー体験が提供されませ んでした。そのため、 V8 では、(softExcludeRouteFeatureWeightType=-2と同等の機能のみが提供されます。

departureTime に設定されていない限り、トラフィックはデフォルトでルートの計算に使用さ anyれ、 TrafficMode 別のオプションとして提供されなくなります。 v7 では、設定は mode=<routingMode>;<transportMode>;<trafficMode>;<RouteFeatureType>=<RouteFeatureWeightType> V8 の個々のパラメータのようになります。以下を参照してください。

パラメーター ルーティング v7. V8 のルーティング
mode=<routingMode> routingMode
形式 文字列、のいずれか fastestshortestbalanced 文字列、次のいずれか fastshort
動作 ルーティングモードを設定します。 ルーティングモードを設定します。
メモ balanced モードは提供されなくなりました。
パラメーター ルーティング v7. V8 のルーティング
mode=;<transportMode> transportMode
形式 文字列、 cartruckpedestrianbicyclecarHOVのいずれか 文字列 , car,truck, pedestrian,bicycle, ,scooter
動作 トランスポートモードを設定します。 トランスポートモードを設定します。
メモ carHOV は別のモードではありません。 詳細については vehicle[hovOccupancy] 、パラメーターを参照してください。 また、このページで前述したように、公共交通機関モードは別のエンドポイントで利用できます。

avoid[features]

mode=;;;<RouteFeatureType>=<RouteFeatureWeightType>
V7 パラメータ V8 パラメータ / 注記
avoidAreas avoid[areas]。 境界ボックスがサポートされています。
avoidLinks avoid[segments]
avoidSeasonalClosures avoid[features]=seasonalClosure
avoidTurns avoid[features]=difficultTurns ( の場合のみ有効 transportMode=truck) 。
tollroad:-2 avoid[features]=tollRoad
motorway:-2 avoid[features]=controlledAccessHighway
boatFerry:-2 avoid[features]=ferry
railFerry:-2 avoid[features]=carShuttleTrain
tunnel:-2 avoid[features]=tunnel
dirtRoad:-2 avoid[features]=dirtRoad
excludeZones avoid[zoneIdentifiers]=zoneIds
excludeZoneTypes avoid[zoneCategories]=zoneCategories
allowedZones avoid[zoneCategories]=zoneCategories;exceptZoneIds=zoneIds

詳細については 、『開発者ガイド』を参照してください。

V7 パラメータ V8 パラメータ / 注記
requestId ヘッダーを使用 X-Request-IDします。
excludeCountries を使用 exclude[countries]します。
departure departureTime。 存在しない場合は、現在の時刻が使用されます。 departureTime=any は、サービスに時間依存の属性を使用しません ( トラフィックも無効化されます ) 。
arrival を使用します arrivalTime
alternatives 変更はありません。
metricSystem を使用 unitsします。
language を使用 langします。
jsonCallback Cross-Origin Resource Sharing に置き換えられました。 Wikipedia の CORS を参照してください
routeAttributes/legAttributes/linkAttributes spans 関心のある属性を選択したり return 、他の結果(ルート形状や操作など)を選択したりするために使用します。
lineAttributes 利用可能なオプションについては、公共交通機関の API を参照してください。
maxNumberOfChanges 利用可能なオプションについては、公共交通機関の API を参照してください。
avoidTransportTypes 利用可能なオプションについては、公共交通機関の API を参照してください。
combineChange 利用可能なオプションについては、公共交通機関の API を参照してください。
walkRadius 利用可能なオプションについては、公共交通機関の API を参照してください。
walkSpeed を使用 pedestrian[speed]=<value in meters per second>します。
axleCount を使用 vehicle[axleCount]します。
shippedHazardousGoods を使用 vehicle[shippedHazardousGoods]します。
limitedWeight を使用 vehicle[grossWeight]します。 キログラム単位で値を入力してください。
weightPerAxle を使用 vehicle[weightPerAxle]します。 キログラム単位で値を入力してください。
weightsPerAxleGroup を使用 vehicle[weightPerAxleGroup]します。 triple アクスルグループごとに重量を指定することもできます( single およびに加え tandemて)。 キログラム単位で値を入力してください。
height/width/length vehicle[height]vehicle[width]vehicle[length]およびを使用 します。 値をセンチメートル単位で指定します。
tunnelCategory を使用 vehicle[tunnelCategory]します。
returnElevation を使用 return=polyline,elevationします。
customConsumptionDetails ev[] パラメータ設定を使用します。 詳細については 、『開発者ガイド』を参照してください。
truckType を使用 vehicle[type]します。 それぞれ、 truckType=truck および truckType=tractorTruckvehicle[type]=straightTruck vehicle[type]=tractor に置き換えます。
trailersCount を使用 vehicle[trailerCount]します。
licensePlate を使用 vehicle[licensePlate]します。

パラメータが削除されました

この移行では、次のパラメータが削除されます。

V7 パラメータ V8 に関する注意事項
viewBounds 追加のシェイプの最小化が最小になったため、削除されました。
jsonAttributes 削除されました return パラメータを使用できます。
representation 削除されました 応答コンテンツは spans 、およびを使用して制御 returnできます。
generalizationTolerances 削除されました このパラメータを必要とする現在の使用例はありません。
vehicleType 削除されました 消費量の見積りは、消費モデルによってサポートされています。
walkTimeMultiplier 削除されました ユースケースは pedestrian[speed] 、パラメーターによって達成できます。
truckRestrictionPenalty 削除されました V8 では、ルートがトラックの制限を回避できなかった場合、違反について通知とともにデフォルトで戻されます。 詳細については、「概念の変更」セクションを参照してください
consumptionModel ev[] 必要な制御を許可するパラメータ設定とマージされました。
resolution 削除されました シェイプの単純化は現在提供されていません。
Format 削除されました 応答は常に JSON 形式( V8 )で返されます。 XML はサポートされなくなりました。
adminZones に置き換えられるため、削除 avoid[truckRoadType]されました。
instructionFormat 命令はテキストとして出力されます。
timeDependentRestriction (ti) 通知の一部として含まれています
timezone (tz) 削除されました この情報が必要な用途は特定されていません。
nextManeuver 削除されました
startAngle 削除されました
speedProfile 削除されました V8 は、要求で提供された車両パラメータによって定義された制限速度に基づいて、単一の速度プロファイルを使用します。 speedProfile これにより、パラメータが廃止されます。

応答

ここでは、応答の変更点について説明します。

応答の構造

ルーティング v7 のルート応答は、 Route Leg Maneuver Link メタ情報およびルート概要情報によってブックエンドと同じように階層的に構造化されました。 詳細の多くはリクエストに含めることも、除外することもできますが、 RouteAttributesManeuverAttributes などのさまざまな階層情報レベルのデフォルト設定もありました。

ルーティング V8 のルートレスポンスは、 routes -> sections およびメタ情報の階層構造になっています。 actionssummarypolyline ( ジオメトリ ) 、 notices 、および spans ( 必要に応じて ) が、対応する各セクション内にネストされます。

V8 の応答情報は設定可能で、 v7 に似ていますが、所要時間、距離、ルートシェイプなどのサマリー情報を含むすべてのルート情報は、明示的に要求された場合にのみ返されます。

ジオメトリが必要な場合 return=polylineは、で有効にする必要があります。 結果の形状は 、フレキシブルポリラインとしてエンコードされます。 デコーダーは複数の主要言語で使用できます。

逆に、違反したオプションなど、ルートに関する追加の通知が v7 でデフォルトで返されませ notes んでした。また、この情報を取得するには、消費者が AT ルートまたはレグレベルを要求する必要がありました。 この情報は、違反ルートセクションの一部としてデフォルトで提供されるようになり noticesました(のを参照)。

routeAttributes

v7 では、他のルート属性が明示的に要求されない限り、デフォルトでは waypoints summary legs が返されます。 また publicTransport 、または publicTransportTimeTable モードを使用する場合 lines は、も返されます。

V8 で sections は、概念的には置き換え legsられます。 これらは常に応答の一部です。 sections origin および destination 経由地で構成されている場合、これらの値も常に返されます。他の情報と同様に、 return パラメータを使用して summary 要求する必要があります。

V7. V8
waypoints (wp) * セクションには、出発と到着のセクション経由地が含まれています。 このパラメータは設定できず、常に返さ PassThrough れます。この機能は計画されていますが、ポイントは返されません。 セクションがルートを構成します。
summary (sm) * サマリーはセクションごとに表示されます。 baseDurationdurationdistance 、および consumption が含まれています。 現在、リンクフラグ、テキスト説明、 CO2 排出量は存在しません。 これらの詳細の一部は、必ずしもセクションレベルであるとは限りません。
summaryByCountry (sc) * 存在しません。 でスパンが要求さ spans=countryCode,lengthれた場合、各国の距離に関する情報を取得できます。 他の方法でサポートする予定はありません。
shape (sh) * の折れ線として使用 returnできます。
boundingBox (bb) * サポート対象外です。 ユーザーが簡単に計算できます。 未計画。
legs (lg) * セクションとも呼ばれます。 デフォルトで返され、設定できません。
notes (no) * デフォルトで返されます ( 存在する場合 ) 。 設定できません。
lines (li) * 公共交通機関の API を参照してください。
routeId (ri) * に名前が変更 routeHandleされまし
groups (gr) * 公共交通機関の API を参照してください。
tickets (tx) * 公共交通機関の API を参照してください。
incidents (ic) * を使用 incidentsします。

legAttributes

v7 では、この値はデフォルトで maneuverswaypointlengthtravelTime 、に設定されています。

V8 では、前述の section ように、と同等のエンティティ legです。 明示的に何も要求されない場合、セクションには出発および到着の経由地および使用されている輸送モードについての座標情報のみが含まれます。 要求されたルートに沿ったトランスポートモードの変更も、 transport パラメータで指定されます。 summary が要求された場合、セクションの期間 ( トラフィックの有無 ) と長さが返されます。

V7. V8
waypoint (wp) セクションレベルでデフォルトで返されます。
maneuvers (mn) に置き換え actionsられました。
links (li) に置き換え spansられました。
length (le) の一部 summary
travelTime (tt) の一部 summary
shape (sh) 折れ線として返されます
indices (ix) 折れ線として返されます
boundingBox (bb) サポート対象外です。 ユーザーが簡単に計算できます。 未計画。
baseTime (bt) の一部 summary
trafficTime (tm) の一部 summary
summary (sm) サマリー情報はセクションごとに表示されます。 baseduration duration distance および consumption が含まれています。 現在存在しません : リンクフラグ、テキストの説明なし、 CO2 の排出量。 また、セクションレベルにあるテキストは必ずしも意味があるとは限りません。

linkAttributes

v7 では、デフォルトは shapeです speedLimit

V8 で segmentRefPVID、の代わりにが返さ spans れます。概念的には、リンク属性を置き換えます。

V7. V8
consumption (cn) サポートされます。
dynamicSpeedInfo (ds) 紙詰まり係数を除く、サポートされています。 ユーザーは、特定のセグメントの基本速度および交通速度から、ジャムファクターを簡単に計算できます。
flags (fl) walkAttributesstreetAttributes、、 carAttributes truckAttributes
functionalClass (fc) サポートされます。
indices (ix) オフセット ( ポリラインインポート )
length (le) スパンレベルで ( length リクエストの対象 ) segmentRef
maneuver (ma) アクションとスパンの間の共有オフセットを介して間接的にサポートされます。
nextLink (nl) サポート対象外です。 マップはセグメントとして構造化されているため segmentRef 、 In をリクエストする spans と、セグメント参照のリストが返されます。
nextStopName (ns) 公共交通機関の API を参照してください。
publicTransportLine (pt) 公共交通機関の API を参照してください。
remainDistance (rd) サポート対象外です。 この値は length 、ルートの全長からセグメントのを反復的に差し引くことで計算できます。
remainTime (rt) サポート対象外です。 この値は duration 、ルートの全期間からセグメントのを繰り返し減算することで計算できます。
roadName (ro) スパンレベルで要求された場合、要求された言語ごとに複数の名前がサポートされます。
roadNumber (rn) スパンレベルで要求された場合、要求された言語ごとに複数の番号がサポートされます。
shape (sh) 代わりにオフセットが使用されます。
speedLimit (sl) サポートされます。
truckRestrictions (tr) サポート対象外です。 これは地図関連の情報で あり、 Vector タイル API によって公開 されます。

lineAttributes

利用可能なオプションについては、公共交通機関の API を参照してください。

maneuverAttributes

v7 では、デフォルトは position、、 lengthです travelTime

V8 では、これらのパラメータは設定できず actions 、およびに分割されませ turnbyturnActionsん。

V7. V8
位置 サポート対象外です。 これは、ポリラインのアクションのオフセットによって確認できます。
これは、ポリラインへのオフセットです。
移動時間 duration 提供されているため、必要ありません。
時間 サポート対象外です。 ナビゲーションの使用例では、この情報は位置決めシステムによって計算される必要があります。
長さ サポート対象外です。 ルートセグメントの長さに関する情報が命令に返されます。
リンク スパンと共有されているオフセットを介して暗黙的にサポートされ
publicTransportLine これは公共交通機関の操作属性です。 詳細については 、「公共交通機関」を参照してください。
プラットフォーム これは公共交通機関の操作属性です。 詳細については 、「公共交通機関」を参照してください。
道路名 の一部として返さ turnByTurnActionsれました。
nextRoadName の一部として返さ turnByTurnActionsれました。
道路番号 の一部として返さ turnByTurnActionsれました。
nextRoadNumber の一部として返さ turnByTurnActionsれました。
署名 サポート対象外です。
メモ サポート対象外です。 メモはトップレベルで返されます。 ルートに沿ったトランスポートモードの変更は、トランスポートパラメータで表されます
アクション サポートされています。詳細については、以下を参照し
方向( Direction ) 2 つのパーツ direction およびとして返送 severityされました。
FreewayExit instructions でサポートされていますが、 actions ではサポートさ
フリーウェイジャンクション instructions でサポートされていますが、 actions ではサポートさ
インデックス オフセットをポリラインに追加します。
BaseTime BaseDuration
trafficTime 期間
待機時間 これは公共交通機関の操作属性です。 詳細については 、「公共交通機関」を参照してください。
境界ボックス から計算でき shapeます。
ロードシールド サポート対象外です。
シェイプ品質 サポート対象外です。

action 列挙体が、単純な列挙 (v7) から、および action direction severity の 3 つの詳細な属性に変更されました。 次の表に、これらの値の組み合わせが v7 の列挙値にどのように対応するかを示します。 ANYおよび NONE は列挙体の一部ではありませんが、すべての値がこのように動作するか、または欠落している値がこのように動作することを示しています。

アクション 方向( Direction ) 重大度 V7 対応
曲がる 軽量 slightLeftTurn を選択します
曲がる 結構です leftTurn
曲がる 重い sharpLeftTurn
曲がる なし 続行します
曲がる 中央 任意 続行します
曲がる 正しいです 軽量 slightRightTurn
曲がる 正しいです 結構です rightTurn
曲がる 正しいです 重い sharpRightTurn
曲がる 正しいです なし 続行します
保持します 軽量 leftFork
保持します 結構です leftFork
保持します 重い leftFork
保持します なし leftFork
保持します 中央 軽量 ミドルフォーク
保持します 中央 結構です ミドルフォーク
保持します 中央 重い ミドルフォーク
保持します 中央 なし ミドルフォーク
保持します 正しいです 軽量 rightFork
保持します 正しいです 結構です rightFork
保持します 正しいです 重い rightFork
保持します 正しいです なし rightFork
続行します 任意 任意 続行します
ランプ 任意 左ランプ
ランプ 中央 任意 中間ランプ
ランプ 正しいです 任意 右ランプ
ランプ なし 任意 続行します
ロータリー Enter 任意 leftRoundaboutEnter
ロータリー Enter 正しいです 任意 rightRoundaboutEnter
ロータリーパス 任意 leftRoundaboutPass
ロータリーパス 正しいです 任意 rightRoundaboutPass
ロータリー出口 任意 leftRoundaboutExit
ロータリー出口 正しいです 任意 rightRoundaboutExit
UTurn 任意 leftUTurn
UTurn 正しいです 任意 rightUTurn
出発 任意 任意 出発
到着 任意 任意 到着
終了します 任意 leftExit
終了します 中央 任意 ミドルフォーク
終了します 正しいです 任意 rightExit
終了します なし なし 続行します
ボード 任意 任意 フェリー
名前の変更 任意 任意 名前の変更

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません