除去保護を管理します

タイルキーを削除しない場合は、保護リストに追加できます。 たとえば、自宅のリージョンのタイルキーが常にキャッシュに残り、他の場所に移動しても削除されないように保護することができます。 タイルキーを保護から削除することもできます。

削除防止機能を使用するには、次の手順に従います。

  1. OlpClientSettings オブジェクトを作成します。

    手順については、「プラットフォームクライアント設定を作成する」を参照してください。

  2. VersionedLayerClient ステップ 1 で、レイヤー、レイヤー ID 、カタログバージョン、およびプラットフォームクライアント設定を含むカタログの HERE リソースネーム ( HERE リソースネーム )を使用してオブジェクトを作成します。

    メモ

    カタログバージョンが指定されていない場合は、最新バージョンが使用されます。

    olp::dataservice::read::VersionedLayerClient layer_client (
                        client::HRN catalog,
                        std::string layer_id,
                        boost::optional<int64_t> catalog_version,
                        client::OlpClientSettings settings);
    
  3. 削除防止の管理方法に応じて、次のいずれかの操作を行います。

    • タイルキーを削除から保護する場合 ReleaseProtect は、メソッドが進行中でないことを確認してから、保護するタイルキーのリストを使用してメソッドを呼び出します。

      メモ

      コール時にデータハンドルがキャッシュに存在する場合、タイルキーが削除されないように保護できます。

        layer_client.Protect(<vector of tile keys>);
      

      指定したタイルのデータとキーが保護リストに追加され、キャッシュに保存されます。 キーが LRU キャッシュから削除されます。 現在、削除することはできず、有効期限も切れません。 少なくとも 1 つのタイルキーが保護されている場合、クアッドツリーは保護されたままになります。

    • タイルキーを保護から削除する場合 ProtectRelease は、メソッドが進行中でないことを確認してから、保護から削除するタイルキーのリストを使用してメソッドを呼び出します。

        layer_client.Protect(<vector of tile keys>);
      

      指定したタイルのデータとキーが保護リストから削除されます。 キーが LRU キャッシュに追加されます。 今では、回避することができます。 有効期限の値が復元され、キーの有効期限が切れる可能性があります。 すべてのタイルキーが保護されなくなった場合は、保護リストから四角形を削除できます。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません