を使用する理由

HERE Data SDK for C++ は、一連のネイティブ C++ インターフェイスを介して、コア HERE platform の使用例をサポートします。 SDK は、 HERE REST API の使用にかかる時間と労力を節約することを目的としています。 安定した API のセットを提供し、複雑なプラットフォーム操作を簡素化し、最新の HERE REST API の変更内容を把握できます。

Data SDK for C++ は、最新の( C++ 11 )軽量モジュール型 SDK で、組み込みデバイスからデスクトップまで、幅広いハードウェアプラットフォームを対象とした最小限の依存関係を備えています。

この SDK では、次のことが可能に

  • HERE platform に認証します。
  • カタログとパーティション メタデータを読む。
  • プラットフォームカタログのバージョン管理レイヤー、揮発性レイヤー、およびストリームレイヤーからデータを取得します。
  • プラットフォームにデータをアップロードします。

また、 SDK には、ほとんどのプラットフォームカタログレイヤーで使用されている地理空間タイリングスキームを操作するためのクラスが含まれています。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません