キャッシュを操作します

キャッシュインスタンスを設定し OlpClientSettings 、インスタンスに追加できます。 それ以外の場合、次のいずれかのクライアントを作成すると、デフォルトのキャッシュ 1 MB が自動的に作成され、メモリにキャッシュされます。VersionedLayerClientVolatileLayerClientStreamLayerClient、または IndexLayerClient

キャッシュ設定の構成方法については、「プラットフォームクライアント設定を作成する」を参照してください。

アプリケーションがキャッシュで実行されている場合、キャッシュサイズを取得または変更できます。

  • キャッシュサイズを取得するに Size は、必要なキャッシュタイプでメソッドを呼び出します。

    auto cache =
        olp::client::OlpClientSettingsFactory::CreateDefaultCache(cache_settings);
    auto cache_mutable_size = cache->Size(olp::cache::DefaultCache::kMutable);
    
  • キャッシュサイズを変更する Size には、新しいサイズ(バイト単位)でメソッドを呼び出します。

    メモ

    変更可能なキャッシュのサイズのみを変更できます。

    auto cache =
        olp::client::OlpClientSettingsFactory::CreateDefaultCache(cache_settings);
    auto bytes_evicted = cache->Size(512);
    

    新しいキャッシュサイズが現在のサイズよりも小さい場合、キャッシュが指定した容量に縮小され、削除されたデータのサイズが取得されるまで、アイテムは削除されます。 新しいサイズが大きい場合 0uは、新しいサイズになります。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません