偏差 - lib

Deviation-lib リアルタイムの変更を検出するユーティリティを含むライブラリです。

変更検出アラート

路面状況の変化をリアルタイムで検知し、ドライバーを最新の状態に保つことができます。 検出されたオブジェクト / 標識は、地図、 Web サービスなどのさまざまなソースからの入力として受信したものと比較されます ( 検出の近く ) 。 検出された機能と受信した入力に変更があった場合、アラートが利用可能になります。

メモ

現在、変更検出機能は制限速度の逸脱についてのみ警告を提供しています。

要件

次の一覧に、この機能に必要な必須入力をいくつか示します。

  • 対応する ML モデルを初期化する必要があります。
  • 保存されているフィーチャーの地理位置および値。
  • 最新の情報が常に提供され、検出内容が最も近い最新の機能と比較されます。
  • 特定の地理位置に保存されているフィーチャーがない場合、入力値はデータタイプに基づいて「 0 」または「 NULL 」にリセットする必要があります。 そうしないと、検出内容と最後の入力内容との比較が継続されます。
  • 入力がない場合、アラートは利用できません。
  • 場所の権限は、マニフェストで明示的に指定するか、エンド ユーザーからランタイム中に要求されます。

メモ

すべての未加工の検出に対応する変更検出結果が含まれるわけではありません。 検出は内部ロジックによってフィルタリングされ、重複(複数の連続するフレームの同一のオブジェクト)が削除されてから、比較に使用されます。

使用量

変更の検出を機能させるに setSpeedLimitFromMap() は、マップからの入力をメソッドに渡す必要があります。 この値は、検出と比較されます。

HERE Mobile SDK for Android を使用して制限速度を取得する例について HERE-SDK-example は、 Live Sense SDK に付属のサンプルアプリケーションを参照してください。

int speedLimit = numericSpeedLimitValue; 
double longitude = currentLocation.longitude; 
double latitude = currentLocation.latitude; 
Date timestamp = new Date();
ChangeDetectionManager.getInstance().setSpeedLimitFromMap(speedLimit, longitude, latitude, timestamp);

アラートは changeAlertCallback コールバック方式で受信されます。

ChangeDetectionManager.getInstance().changeAlertCallback.addListener(featureDeviation -> {
    // Process FeatureDeviation data
});

ヒューリスティック検出

ヒューリスティック検出では、 ML モデルからの検出が自動的に処理され、より正確な出力が提供されます。 ヒューリスティック処理からの出力は、 ML モデルからの直接の出力と比較して、頻度が低く、遅延が発生します。

メモ

現在、ヒューリスティック検知機能では、道路標識専用のコールバックが提供されています。

要件

次の一覧に、この機能に必要な必須入力をいくつか示します。

  • 対応する ML モデルを初期化する必要があります。
  • ファインロケーション権限は、マニフェストで明示的に指定するか、エンド ユーザーからランタイム中に要求されます。

使用量

ヒューリスティック検出は、に追加されたリスナーを介して受信 HeuristicDetectionManager#recognitionFromHeuristicCallbackされます。

HeuristicDetectionManager.getInstance().recognitionFromHeuristicCallback.addListener(objectRecognition -> {
    // Process objectRecognition data
});

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません