はじめに

Data Archiving ライブラリは、ストリーム レイヤー経由でインジェストされたメッセージのアーカイブを支援します。 このライブラリは、データに依存しないワークフローを提供します。このワークフローをカスタマイズして、 Protobuf 、 Avro 、 Parquet などのさまざまな形式のストリームデータを作成およびアーカイブできます。 データアーカイブライブラリは HERE Data SDK に含まれています。

このライブラリとともに、 SDII メッセージを各データ形式でアーカイブする方法、およびインジェスト時間、領域( HERE Tile )、イベントタイプによってデータのインデックスを作成する方法を示す例を提供します。 これらの例を変更して、異なる属性のセットでデータのインデックスを作成できます。 Data Archiving ライブラリとその例を併用すると、アーカイブパイプラインソリューションを利用できます。このソリューションを使用すると、要件に合わせてカスタマイズされた効率的なクエリーを実行できるように、ストリームデータを保存できます。

データアーカイブライブラリを使用するには、 HERE platform に関連するいくつかの概念とサービスについて基本的な知識が必要です。

はじめに については、「ストリームデータをアーカイブする」または「例を実行する」を参照してください。

このドキュメントに適用される利用規約については、「HERE Documentation License」を参照してください。

HERE は、お客様のプライバシーを尊重し、該当するデータ保護およびプライバシーに関する法律を遵守することをお約束します。 詳細について は、「 HERE のプライバシーポリシー」を参照してください。

データのセキュリティと耐久性に関するベストプラクティスの詳細については、Data API を参照してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません