はじめに

このセクションでは、 HERE platform の HERE Routing API を使用してはじめにをすばやく実行する方法について説明します。

  1. HERE アカウントを取得する
  2. プロジェクトを作成します
  3. API キー を入手してください
  4. リクエストを送信します
  5. 次のステップ

メモ

このセクションでは、 HERE Routing API の使用を迅速に開始するために必要な最小限の設定について説明します。HERE アカウントの設定、プロジェクトの作成、アプリの登録、および認証の詳細については、『 Identity & Access Management 開発者ガイド』を参照してください。

組織が HERE Workspace または HERE Marketplace にサインアップしている場合は、組織管理者に連絡して、会社に設定されている HERE platform 組織への参加を招待してください。 組織が設定されていない場合は、 HERE platform の無料試用版をリクエストすることもできます。 詳細については 、 HERE platform の価格表を参照してください。

プロジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. HERE アカウントを使用して HERE platform にサインインします。
  2. ランチャからプロジェクトマネージャを開きます。
  3. [ 新しいプロジェクトを作成] をクリックします。
  4. プロジェクトの名前を入力します。プロジェクト名は一意である必要はありません。
  5. プロジェクト ID を入力します。 プロジェクト ID は組織内で一意である必要があり、組織の有効期間中は変更できません。プロジェクト ID の長さは 4 ~ 16 文字である必要があります。
  6. 任意 : 説明を入力します。
  7. 保存をクリックします。
  8. [ リソース ] タブで 、 [ サービス] を選択し、 [ サービスのリンク ] をクリックします。
  9. 使用 する HERE Routing API サービスまたはその他のサービスを検索し、 [ リンク] をクリックします。
  10. 完了をクリックします。

API キー を入手してください

API キー を取得するには、次の手順を実行します。

  1. HERE アカウントを使用して HERE platform にサインインします。
  2. ランチャから Access Manager を選択します。
  3. [ アプリ] タブを選択し、[ 新しいアプリ の登録 ] をクリックします。
  4. アプリ の名前を入力します。
  5. 任意 : アプリ の説明を入力します。
  6. 任意 : 前の手順で作成したプロジェクトを、プロジェクト フィールドへの既定のアクセス権から選択します。
  7. [ 登録] をクリックします HERE platform によって、一意のアプリ ID を持つ新しいアプリ が作成されます。
  8. 資格情報 タブで 、 API Keys を選択 し、 Create API キー をクリック して、アプリケーション認証資格情報用の API キーを最大 2 つ生成します。 API キー が作成され、表示されます。

リクエストを送信します

ルート計算は、 1 つの GET 要求で構成されます。 唯一の必須パラメータは、<latitude>,<longitude> フォーム内の 2 つの WGS84 座標のペアによって提供される原点と目的地、および輸送モードです。輸送モードは bicyclebuscarpedestrianscootertaxitruckのいずれかです。

次のリクエストでは、デフォルトのオプションを使用して車両ルートが計算されます。

curl -X GET \
    'https://router.hereapi.com/v8/routes?transportMode=car&origin=52.5308,13.3847&destination=52.5264,13.3686&return=summary&apikey={YOUR_API_KEY}'

メモ

この例では、 API キー を使用して要求を認証します。 使用可能な認証オプションについては、『 Identity & Access Management Guide 』を参照してください。

メモ

Postman ユーザーは、次の例をインポートできます。インポートRaw Text を貼り付けします

ルートの計算が成功した場合、応答には、 1 つ以上のセクションに出発時間と到着時間を含む計算ルートが含まれます。 長さや期間などの追加の概要情報も提供されます。

{
  "routes": [
    {
      "id": "cc0441f1-b8ca-4410-95d5-bfd930053c03",
      "sections": [
        {
          "id": "256fef6e-6712-47fe-8e68-095c1204eb1a",
          "type": "vehicle",
          "departure": {
            "place": {
              "type": "place",
              "location": {
                "lat": 52.5309837,
                "lng": 13.384567
              },
              "originalLocation": {
                "lat": 52.5307999,
                "lng": 13.3847
              }
            }
          },
          "arrival": {
            "place": {
              "type": "place",
              "location": {
                "lat": 52.5263761,
                "lng": 13.3686186
              },
              "originalLocation": {
                "lat": 52.5263999,
                "lng": 13.3686
              }
            }
          },
          "summary": {
            "duration": 243,
            "length": 1206,
            "baseDuration": 136
          },
          "transport": {
            "mode": "car"
          }
        }
      ]
    }
  ]
}

ルートがありません

リクエストによっては、いくつかの理由でルートが作成されません。 次の例では、 HERE ベルリンオフィスから HERE シカゴオフィスへのルートを要求します。

curl -X GET \
  'https://router.hereapi.com/v8/routes?transportMode=car&origin=52.5308,13.3847&destination=41.8845,-87.6386&apikey={YOUR_API_KEY}' \

大西洋はこの 2 つのオフィスの間にあります。 これにより、ルートの計算が次の応答で失敗します。

{
  "notice": [
    {
      "title": "Route calculation failed: Couldn't find a route.",
      "code": "routeCalculationFailed"
    }
  ],
  "routes": []
}

リクエストをエンコードしています

一部のパラメーター値、特に waypoint 仕様では、値に構造化された文字列が使用されます。 コンテンツの文字がリクエストの制御文字と衝突する可能性があります。 たとえば、次のようなリクエストがあるとします。

https://router.hereapi.com/v8/routes?transportMode=car&origin=54.32556,14.65314&destination=54.65422,14.66636;nameHint=Fish & Chips! St. 25&apikey={YOUR_API_KEY}

nameHintの値に制御文字 (&,!) が使用されているため、このような要求はあいまいです。 このような文字は、明確化のために適切にパーセントエンコードされている必要があります。 リクエストのエンコード割合については、次のガイドラインが適用されます。

  • パーセントエンコード &= 制御文字として使用されている場合は、絶対に使用しないでください。
  • リクエストで制御文字がコンテンツとして使用されていない場合 ( つまり、制御文字が意図した制御の意味でのみ使用されている場合 ) 、何もエンコードする必要はありません。
  • リクエストでコンテンツに制御文字が使用されている場合は、パーセントエンコードしますが、制御文字はエンコードされません。 ダブルエンコードしないでください。 このような混合リクエストでは、すべての裸の制御文字が制御文字として解釈され、すべてのエンコードされた文字がコンテンツとして解釈されます。

したがって、上記の要求は次のようにエンコードする必要があります。

https://router.hereapi.com/v8/routes?transportMode=car&origin=53.32556,14.65314&destination=53.65422,14.66636;nameHint=Fish%20%26%20Chips%21%20St.%2025&apikey={YOUR_API_KEY}

次のステップ

使用可能な例の一覧については、このガイドの目次にあるチュートリアルを参照してください。 このドキュメントをカバーする利用規約 については 、『 HERE Documentation License』を参照してください。

」に一致する結果は 件です

    」に一致する結果はありません